2018年6月21日

仕事が失敗続きって人に『ある事』を聞いたら9割の原因がコレ

栗山です。

仕事が成功しない。
いつも失敗続き。
ミスが多くてヘコみっぱなし。

 

私も以前経験してきましたね。
改善策がイマイチ浮かばず、自分はダメな人間なんじゃないかと諦めムードが漂っておりましたが。

 

会社で悩みを抱えている人に共通している1つの事柄に気づきまして。
私はたった一つの要因を改善したところ、仕事の失敗はほとんど減りました。

 

では『失敗原因はコレで間違いないんじゃないか?』
と言う様な確信めいた内容を今回お話していければと思います。

 

何やっても上手くいかない!そんな人の『共通点』

 

『今日も仕事でヘマをやらかした!』
言葉として発する必要がなくとも。
顔を見ただけで一発まるわかりの人っていらっしゃいますよね。

 

ではまず失敗続きの方へ1言だけ聞いていただきたい。
『昨日何時に寝ました?』
ほぼほぼ、返ってくる答えは

『夜遅くまで起きてたから2時くらいかな?』
『何時だろう・・・う~ん、あんまり寝てない』
『いつもあまり寝てないね』

 

家に帰ってもやることが多すぎる、寝てない、仕事に集中できない。などなど。

 

コレがほぼほぼ仕事が出来ない人だとか。
失敗続きの人間に共通する失敗原因は単純な『寝不足』だったりします。

『休日とか空いた時間何してますか』
これに帰ってくる答えが
スマホだったり、TVドラマだとか、娯楽だったら目も当てられませんね。

 

ストレスを緩和させるためのものが、かえってストレスを生む引き金となっている。

これが例えば『家事に追われている』だとか、『副業で忙しい。』
ならまだ立派と言いますか。
やるべきことをやっていて精いっぱいの結果から、仕事に影響が出ていると言えますが。

 

しかしながら本業に支障をきたす行為は可能な限り避けるのが大人としてのマナーと言えますし。
お金を払う立場の目線からすると、コンディションが整っていない人へ『給料』を支払うというのは。
他の働きに来ている社員に対して失礼な行為とも見て取れますよね。

 

お読みのあなたはいかがでしょうか。
毎日シッカリ寝ていて万全な状態で出社しているにもかかわらず、仕事が失敗しているでしょうか?

 

恐らく布団に入ってもギリギリまでYouTubeで動画を見たり。
web漫画やスマホのゲームで日付の切り替わりタイミングでイベント消化をされているのではないかな?と私は推測しております。

 

もしかしたらパートナーとの一日の終わり唯一の楽しみでLINEを開いたり閉じたりしているかもしれませんね?
しかし娯楽や生きがいが自分の足を引っ張っている状況は『悪循環』といえる状況でして。
自分を苦しめるであろう要因は1つでも多く減らしていく事がストレスの無い生活への第一歩であると考えております。

 

思い切って害となっている要素を取り除くことも必要であると私は感じており。
というのも失敗続きだった生活と、成功しまくった環境下を見比べると。
明らかに自分でゆったりできる時間が多かったほうがより『成功』しやすい状況であったと思いますし。

 

他人に合わせる生活だとか(夜間に行うパートナーとのLINEはマジで時間が無くなる)
ゲームに費やしていた生活を脱するというのは仕事を上手くいかせる上で効果テキメンでした。
何かの目標を達成するために、眠る時間の確保やゆとりある環境を作ることは第一に優先すべき内容だと感じます。

 

仕事が上手くいかない悪循環を脱する方法

 

 

シッカリ寝てるし、ゲームもしない。
ドラマも観なければ夜中にLINEもしませんよ。
そんな状況で仕事がうまくいってない。

 

ごくごく稀にそんな方もいらっしゃるかもしれません。
正直な話し中々いないような気もしますが。

 

もしもお読みのあなたがコンディションは万全なのに上手くいかないという事であれば。
まずは今行っている『仕事のやり方』を見直してみることをオススメします。

 

参考:【仕事が出来ない人】たった一つの改善方法

 

具体的には業務の把握。
今あなたが行っている仕事の作業工程を自分で資料化して作ってみましょう。という内容です。
仕事が出来ない人というのは一貫して楽観的といいますか。

自分で新しいことにチャレンジしようとしない。
保身に回る変化を好まない人がイメージとして挙がります。
逆にガツガツしていて疑問があれば挙手したり行動的な人間は、どんどん出世するような気もしますね。

この『たった一つの改善方法』と『十分な睡眠』を確保できているならば。
それなりな成果を出すことが出来るでしょうし。

それ以上のライバルが会社に存在するだとか、まだまだ失敗が続くようであれば。
成功者の影を追う形で。仕事を盗む。つまりは一番業務が出来ている人の真似をして。
効率よく仕事を行っていく事が重要であると感じます。

 

記者の笑えない失敗談

 

 

私大変、偉そうに話しているのですが。
仕事が上手くいかない時期というのを私を例にお話ししますと。

 

朝7時に起きて出勤し。昼間や休憩時間にスマホ(ソシャゲ)の放置時間でたまったポイントだとかスタミナを消化する。
家に帰ると彼女に連絡、返事が来ないな~と思いながらPCを立ち上げてゲームを起動。
気が付くとAM3時。
とりあえず4時間眠れば違う!
『ブラックジャックによろしく』の主人公なんて2時間しか寝ていないのだ。

 

そう、4時間眠るという事は『主人公の2倍は眠る事が出来る。』
なんてアホな生活が続いて、会社でとんでもない失敗を淡々と重ねておりましたね。

 

生活を一新するように考え始めてからは、とにかく目標と不要なものは排除することを心掛けました。
あらゆる娯楽断ちというヤツですね。

 

『遊び無くして人生の何が楽しめるものか!』

なんて声を大にして言いたくなる方もいらっしゃることでしょう。

 

しかし私も考え方は同じ。
さっさと仕事の成功というゴールにたどり着き、本来の自分が一番楽しいと感じる時間を取り戻す。
その為に今は我慢すべき時として環境を改善しました。

 

何も永遠仕事で成果を上げ続けるのが人生ではありません。
『金』を稼ぐ為に働くのが主軸であり、そこで生まれる『ストレス』をギリギリまで発生しないよう。
バランスを維持すれば良いのですから。

 

遊び惚けて後々に気合い入れるか、早い段階で稼いで楽をするか。
2つに1つです。
『本気』で遊びたいなら、それと同じく『全力』で仕事と向き合う事をお勧めしますね。
さぼる人ほど真逆で努力するのが基本ですし。

 

という事で本日は

仕事が失敗続きって人に『ある事』を聞いたら9割の原因がコレ

についてお話させていただきました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。