2018年4月23日

【SEO対策】初心者向け『13の集客方法』基本対策とは?

 

管理人の栗山 翔司(ショウジ)です。

ネットビジネスにおいて
SEO対策(集客対策)は欠かせないものです。

※SEO対策とは何か?
参考記事はこちら→ SEO対策とは?【初心者でも分かる5つのポイント】検索エンジン最適化

 

ブログを書いていても読者が増えないのであれば、
掲載者本人のモチベーションが下がってしまいますし。

このまま人が集まらないサイトになってしまうのだろうか?
といった不安な気持ちを抱えたまま記事を投稿するのも
書き手の心理状況的によろしくありません。

 

ということで今回はそれら悩みを解決するための

【SEO対策】初心者向け『13の集客術』基本の対策とは?

こちらをテーマにSEO対策のポイントをお話ししていきます。

【記事タイトルと本文構成】

【SEO対策】初心者が抑えるべき基本とは?4

記事掲載を行う際は集客を意識しながら
文章を構築していくのが最も効率のいいやり方です。
箇条書き&解説文にてポイントを並べていきます。

 

1:記事のタイトル・本文内に『関連するキーワード』を入れる。

こちら

↓↓↓

【SEO対策】初心者が抑えるべき基本とは?2

解説:上記画像のように、よく調べられている
『関連するキーワード』をタイトルや本文に意識して入れましょう。
検索されやすい事柄をテーマにした記事は集客が見込めます。

 

2:記事タイトルの理想は32文字前後

参考記事はこちら:ブログ初心者向け「5分で丸わかり!」記事タイトルの付け方

 

3:本文の文字数は1500文字以上で投稿する

解説:記事の文字数が1500文字以上であれば価値あるサイトとして評価されやすく
検索時に投稿された記事が表示されやすい為。

『本文が浮かばない・文字数を稼げない』という場合、
参考記事はこちら→ 楽して記事を書く【ブログの文字数を増やす3つの方法】アフィリエイト

 

4:読み手が知りたがっている内容を意識して本文を構成する

解説:読み手が知りたがっている内容をテーマとして掲載することで、
価値あるサイト作りが出来ればグーグルから評価が上がる。
結果検索エンジンにて上位表示されやすい。

 

5:画像を活用して掲載する

解説:文章だけではイメージが掴みにくい記事を書く場合。
読み手が理解しやすくなるよう画像を挿入する。
そうすることで親切で分かりやすい記事を掲載すれば再訪問が見込めます。
他の記事も興味もってもらえればクリック率が上がり回遊率が向上する。
結果から内部SEO対策につながります。

※回遊率とは
同一のユーザーがホームページ内のページをどれだけ閲覧したのか?
1訪問あたりの ページ ビュー数を指します。

 

6:関連記事などのリンクを組む

解説:『合わせて読みたい記事はコチラ』など、
読み手が興味を持つであろう記事があればリンクを組む。
うまくクリックしてもらえればサイト内の回遊率が向上する。

 

7:スマートフォンからの閲覧を意識する

解説:ブログ閲覧はPCよりもスマホから行われることが多い為、
読みやすいよう一定の文字間隔で改行を行う。
プレビューで確認、投降後にスマホにて閲覧してみるなど行う事。

 


【内部SEO対策・回遊率を上げる】

【SEO対策】初心者が抑えるべき基本とは?5

項目6で掲載したように関連記事のリンクを組むことで、
サイト内部の回遊率を上げる重要性をお話いたしました。

あなたの記事を次から次に閲覧してもらうことは、
『訪問者にとって有益な情報を数多く提供できるサイト』
としてグーグルから高い評価を得られます。

ここからは『評価の高いサイト』を作り上げ、
効率よく検索エンジン上位表示を狙っていく
ポイントをおさえていきます。

 

8:ブログの記事をカテゴリ別に振り分ける

解説:カテゴリ分けすることで読者が関連記事を探しやすくなります。

こちら

↓↓↓

【SEO対策】初心者が抑えるべき基本とは?8

このように読者がサイトを閲覧しやすいように
記事を整理することも、
SEO対策では重要とされています。

 

9:サイト閲覧者の『属性』を意識する。 

解説:ビジネス・アダルト・ゲーム・アニメなど
ブログの分野は様々ですが。

ビジネスならばそれにジャンルを絞り記事を投稿する。
一定の客層(属性)へ特化させたブログは非常に高い回遊率が見込めます。

逆にジャンルが絞られていないブログは
(日常・雑記・ビジネスであればアニメの記事を書くなど)
様々な属性が集まりますが、
他の記事も読んでみたいという意欲を刺激できなければ
回遊率が下がる原因となります。

 

10:ブログの『読み終わり』を無くす

解説:文章の最後に他の記事も読んでもらえるよう関連リンクを組む事。

一例はこちら

↓↓↓

【SEO対策】初心者が抑えるべき基本とは?3

読み終わってページが閉じられないよう次々に『ほかの記事』も読んでもらう。
そうすることで回遊率を向上させます。

 


【本文を書くときに避けるべきこと】

【SEO対策】初心者が抑えるべき基本とは?6

誤ったSEO対策によって、Googleからペナルティを食らい
検索エンジンから外されてしまうことだけは
ブログ運営の際に最も避けたいポイント。

ここからはブログ本文で絶対に行ってはいけない
NGな行為・対策などを挙げていきます。

 

11:連続して同じ単語を使わない 

解説:意味なく同じキーワードを並べるなど、
過剰なSEO対策は検索エンジン上から外されやすいため。

 

12:他サイトの文章をコピーして貼り付けない 

解説:投稿する記事に他サイトの本文を丸々張り付けた場合。
グーグルよりミラーサイト判定を受けやすい。
ミラーサイトとして認知された場合は検索エンジン上から除外される。
(あなたの記事が検索しても表示されなくなる)

 

13: 大きすぎる画像掲載は避ける

解説:大きな画像はページを開いた際に閲覧端末(スマホ)へ
負荷がかかるため、表示されるまでに時間がかかってしまう。
そのため画像投稿を行う際は適切なサイズにて投稿する事。

 


【終わりに】

【SEO対策】初心者が抑えるべき基本とは?7

今回はSEO対策、集客における基礎の基礎を
お伝えさせていただきました。

ブログサイトにおけるSEO対策に関してですが。
上記の項目のポイントをあなたのサイトがおさえていたとしても
油断してはいけない点が一つあります。

それは
『ブログ投稿数』もある程度意識して掲載していく必要があるという点。

あなたがまず、
どれだけ記事を書いても
『全くアクセス数が見込めない』という場合。

「記事を100書く」までは黙々と作業を続けていく必要があります。

 

ブログサイトの効果が得られないという悩みを持たれる方の多くは
記事数が30止まり程度だったりと、
圧倒的にGoogleから評価外の
『薄っぺらいサイト』として認知されるような状況に置かれていたりします。

文字数が1500を優に超える、
良質な記事が並ぶようなサイトであれば
数十の投稿でも検索エンジン上位に上がることはあるでしょう。

しかしブログサイトにおける集客というのは
短い期間で効果を出せるものではありません。
簡単であるならそもそも皆、
集客対策に苦労しないわけですから。

 

基本的に記事「100」を超えるまでは
目に見えた反応が期待できないものとして
考えておいて間違いありません。

Googleからの高い評価を得るためには。
質の高いサイト作り(記事作り)を意識しつつ、
まずは100記事を目標にブログ投稿を行う事をお勧めいたします。

当ブログ推奨SEO対策ツールはこちら→ COMPASS(コンパス)を買って後悔した『たった1つの理由 』特典付きレビュー 松井宏晃

 

集客がイマイチうまくいかない。
ブログで稼いでみたいという方へ
現在【特典】付きで提供しております。
是非参考にしてみてください。

ということで今回は

【SEO対策】初心者向け『13の集客術』基本の対策とは?

についてお話しさせていただきました。

最後までお読みいただき誠にありがとうございます。

私のブログでは主に
・アフィリエイト基礎知識
・ネットビジネスで稼ぐ最新情報
を配信しております。

 

 

【管理人 栗山】

プロフィール55

管理人の栗山 翔司(ショウジ)です。

クリーニングの委託業務(歩合制)に勤め
莫大な借金を背負いました。

運よく次に就職した先で
アフィリエイトを知る同僚がいたため、
オススメされた情報商材を購入。

ネットビジネスで借金返済を終えてからは
稼ぐをテーマとしたサイトを量産しております。

 

栗山翔司(ショウジ)プロフィールはこちら

お問い合わせはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。