2018年7月7日

【ブログ】同じ話題を書く重要性。類似した記事を書いても良いって話し。

栗山です。

『新しい記事を書かなければならない。』
『この手の話題はもうすでに書いたから次は書けない。』
『類似した内容は書いても意味がない。』

 

そんな悩みを抱えた経験が、あなたにはないでしょうか?

 

ブログの書き方にはルールというものが存在しません。
自由に書いていいからこそ、面白い世界であり。
同時に読者というのは驚くほどにあなたの記事を読んでいない存在でもあります。

 

私はこれまで、教え子や読者の方々へ。
既に配信してきた情報を何度も質問されたことがあります。
『無料ブログで稼ぐにはどうしたらいいのか?』
『どんな記事を書いていけばいいのか?』
『記事を書く手が止まったらどうすればいいのか?』
などなど、質問は尽きることがありません。

 

結局のところ、記事にしてもメールにしても特典にしても。
幾度となく同じ事柄をテーマとして情報を配信することは。
『再教育』を行う意味合いで悪い行動とはなりません。

 

類似したような記事を投稿するとしても。
過去に取り上げた話題とネタが完全に被る事は無いでしょうし。

そう言い切れるのは時間が経って再度類似ジャンルの記事を投稿する際。
また投稿当時とは違った内容・視点でテーマに沿って話を進めていけるからでして。
ブログは書けば書くほど経験が詰めますから。
同じ話題を記事として書いても、さらに上質な配信を行える可能性が高まります。

 

同じようなテーマでも。何度も何度も書く重要性

 

例えばですが。
『ブログのネタ切れした際に取るべき行動』
と言った記事をあなたが1つ書くとします。

 

冒頭でお伝えしたように読者はその記事をシッカリと読んでいない可能性が高いですし。
まるで見ていないなんて方も出てくることでしょう。
人というのは文字を1文字1文字、見逃すことなく読むような生き物ではありません。

 

あなた自身、一度読んだブログや本でももう一度読み直すことで新たな発見が見つかった経験はないでしょうか?

重要な内容や伝えたい事柄は、既に配信していたとしても。
時間経過で忘れられる可能性も十分出てきますし。

 

投稿した『タイトル』によっては。
『魅力がない』もしくは『検索エンジンにヒットしない』
などなどの理由から一切読まれない可能性も十分考えられます。

 

もう一度、掘り下げて書くには十分な理由となるわけです。
よく読まれている記事があれば、追記記事を出せば新たな流動性も得られますし。
一度書いたから同じテーマは書かない。というのは非常に勿体ないわけです。

 

読まれるブログ、魅力あふれるブログは同じ事をキチンと読者に伝えている。

 

私の一個人的な意見とはなりますが。
参考にする上質なブログサイトというのは『同じ事』を何度も別記事で配信していたりします。

 

稼ぐ系の『電子書籍』とか『動画』でも一貫していることですが。
必ず失敗するであろう内容、実践者が行き詰るであろう重要項目など。
何度も発言してシッカリと読者へ植え付ける事を忘れず実行しています。

 

例えば何らかのサイトに複数登録してパスワードや登録メールアドレスなどを管理させる場合。
※しつこいようですが、しっかりとメモを取ってください

という表現を数回に分けて行うなどして。
実践者へ『重要な事なのだ』と意識付けを反復により教育します。

 

ブログでも同じです。
1回書いたから十分、学び取ってくれただろう。
コレは非常に危うい認識と言えます。

 

何度も何度も口酸っぱく同じ事でも記事にして配信して読者を教育する。
再認識させることが重要でして。

 

例えばダイエットで成功させるなら
『夜食はとるな!』
『炭水化物はNG!!』
といった記事を何度も書く。
もしくはほかの記事内で何度も発言する。
参考記事のリンクを貼り付けて再教育の場を作る。

 

これこそが上質なサイトの作り方であると私は感じますし。
『もしかしたら重要な事柄を認識できていないかもしれない。』
という可能性を考えて、何度も振り返って読者が付いてこられるよう。
足並みをそろえられるように話題を提供してくれるサイトは、質の高いサイトであると私は感じます。

 

同じ題材の記事を書く上での注意点

 

類似した記事を書いても問題ない。
問題ないどころか、それは大変優秀な取り組みである。
といった内容をお伝えさせていただきましたが。

 

絶対にやってはいけない注意点について。
解説を挟んでおきます。

 

幾度となく類似テーマを上げるのは投稿頻度に間隔をあけておけば。
読者は離れることは無いでしょうし。
『また勉強になりました!』
というプラスに働く効果が得られるでしょう。

ですが、依然話した内容とは意見が二転三転してくると。
読者はこれまであなたに寄せていた信頼を欠落させる可能性が高まります。

 

ザックリとした例を挙げるならば。
ビジネス系ブログをあなたが運用していたとして。
『投資』に否定派だったにもかかわらず。
いきなり『FXは最高だ!』
と言いながらデメリットなどをひた隠しに商品を売り始めたら。
『このサイト管理人はもう信頼するに値しない』
というように読者が離れていく可能性が高まります。

 

とはいえ、
過去に否定派であってもシッカリとデメリットを穴埋めする内容で。
商品紹介などを行えば爆発的に売り上げられるのは確かではあります。

 

過去に一定の商品ジャンルに否定派だったアフィリエイターが。
『この商品に至っては間違いない!』と唯一認めた商品がバカ売れした話は聞いたことがありますから。
しかし、要所要所を抑えて説明できたからこその成功例です。

 

話が完全に二転三転するのは危ういですから。
記事のテーマというのは原則『一貫性を持たせる』ことが重要です。

 

ブログで稼ぐなら『努力は必要』と過去記事で掲載したならば。
次に『努力は不要』と真逆の記事を書く場合。

過去記事をシッカリと読み上げて。
矛盾したタイトルでも、読者を納得させる『中身のある記事』を書かなければいけない訳です。

 

矛盾による読者離れ。私の経験談

 

私としては、これまでファンだったサイトをとある記事で見限った事がありまして。
『初心者アフィリエイターは【トレンド】をやるな!』
という配信を見たことが引き金となったのですが。

 

その方のサイトでは『情報商材アフィリエイト』手法を推奨しており。
『トレンドアフィリエイト』に関しては真っ向否定の記事が数多くありました。

参考①:情報商材アフィリエイトとは?

参考②:トレンドアフィリエイトとは?意味と仕組みについて

 

その方の配信は非常に理にかなっており。
集客面で対策を取る『トレンド手法』に重きを置くよりも。
基礎を学ぶなら『情報商材』のブログから稼ぐべきと言った配信がメインでした。

 

しかし、とある『教え子』の実績掲載記事の中で。
『トレンドアフィリエイト』で成功者を出した。
という記事が掲載された事がありまして。

 

内容としては

『初心者でトレンドは辞めるように教え子へ勧めたが、
彼は、かたくなに向かい合い成果を収めた。
故に究めればトレンドでも稼げる手法である。』

と言った文面でした。

 

この記事がキッカケとなり。
その後はどんな記事を見ても、ふわふわとした内容に感じてしまい。
心を打つ言葉には一切映らなくなりました。

 

それはなぜか?
『究めれば〇〇でも稼げる』
と言った言い回しで、どんな記事もこの方は書いてしまうのだろう。
そう感じたからです。

 

話題に一貫性を持たせる重要性が感じられましたでしょうか?
結局は売り込みたい商品が売れるような流れを作っていくのがブログで稼ぐ最終目標です。
話題が右往左往して軸がブレたサイトほど見苦しいものはありません。

 

否定派から賛成派へ切り替えるのであれば。
時間があるときに過去記事を見直して、手直しするなり取り下げてしまうなどして。
バランスよく記事更新をかけなければ読者は離れていく一方でしょう。

 

参考:【過去記事】情報商材ブログのリライト(見直し)3つの重要性について

 

リライト(記事の見直し・手直し)を行う際は上記のリンクも参考にしてみてください。

 

話題に一貫性を持たせなければ。
何を伝えたいか?
ブログはどこへ向かっているのか?
読者は一向に出口が見つからないまま問題の解決や成功に進むことは出来なくなります。
十分に気を付けて記事を書いていきましょう。

 

読者離れを恐れていては記事は書けない。

 

配信していく話題において、一貫性を持たせなければならない。
つまりは一貫性無きサイトは『価値がない』と言わんばかりにボロクソな表現をしましたが。
誰だって間違いはありますので難しく考えないようにしてください。

 

私も過去記事を見直すと正直な話、二転三転している部分も出てくることでしょう。
そうならないように定期的なリライトを心がけていますし。
信用を欠く内容は少しでも無くすよう意識していますが、完璧なサイトを作るのは難しいです。

 

あまりにも考え込むと書ける記事も書けなくなります。
人間だれしも失敗はありますし。
私自身、記事を書いていく中で多くの読者を失望させて離れていった読者も数えきれないほど居たことでしょう。

 

偉そうに書いていますが。
時に落ち込んだり、過去の記事に『あの表現は適していなかった』と反省することもあります。

 

ですが『反省』はあっても『後悔』はしたことがありません。
後悔しても『過去』は変えられませんので。
失敗などは、今後に生かしていく為の勉強として割り切ります。

 

ブログを書く際は『俺こそが法律だ』と言わんばかりの気持ちで書くことが重要です。
必ず否定派は出てきますからね。

 

正義と悪の定義を追求して答えが出ない事に近いのかな?とも感じます。
例えば100人お腹をすかせている人がいて、半数の50人分の食糧しかない場合。

・1対1で争って生き残った50名だけが食料を手にするのか?

・若い未来ある層へ食事を提供し、高齢者は切り捨てるのか?

・食料50人分をさらに半分に割って100人に行き渡らせ、空腹を全員で絶え凌ぐのか?

 

見解は多種多様でしょうし。
どれが正しくて、どれが間違っているのかは答えが出せません。

 

ですが、自分が正しいと感じた言葉をブログとして投稿し。
それについてきてくれる人は必ず現れます。
記事を書くことは自分の意見を素直に話していく事が大切です。

 

読者離れを心配しすぎても前へは進めませんから。
方向性を持たせたら恐れず更新していく事を実践していただければと感じます。
八方美人なブログ程、『何が伝えたいのか?』
話の落としどころが見えなくなりがちです。

 

最終的には読者が求めるのはあなたの意見ですから。
恐れず自分なりの意見を書いて行きましょう。

 

 

という事で本日は

【ブログ】同じ話題を書く重要性。類似した記事を書いても良いって話し。

についてお話させていただきました。

 

 

余談にはなりますが。
先ほど挙げた、たとえ話の続きです。

もしも『100人お腹をすかせている人がいて、半数の50人分の食糧しかない場合。』

私としては、

・食料50人分をさらに半分に割って100人に行き渡らせ、空腹を全員で絶え凌ぐ。

 

この手段を選ぶかもしれません。
時が経つにつれ考え方も変わるかもしれませんが・・・。

皆で倒れる可能性の高い破滅的な考えです。
夢見がちな性格だ!と罵られるかもしれません。
私は皆で幸せになる方法を考えてしまうフシがあるので。

この記事をお読みのあなたの意見も是非とも聞いてみたいものです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。