2018年4月1日

栗山翔司(ショウジ) プロフィール

 

私のブログに訪問していただき、
誠にありがとうございます。
管理人の栗山 翔司(ショウジ)と申します。

 

プロフィール

 

↑↑↑

こちらは愛猫の『ルナ』

 

簡単に私の自己紹介をさせていただきますと。

■最終学歴■ 高校卒(底辺校をギリギリ卒業)

■職歴■ 電波塔建設・足場屋・塗装・営業・大手通信業

■趣味■ 筋トレ・ギター演奏・洋楽鑑賞(ロック/パンク)

■年齢■ アラサー(おじさんと近所の子供から言われる年齢に・・・)

■映画■ ゾンビ好き(見たことのない作品が無い!というくらい一通り観ました)

■女好き■ 飲み屋に200万ほど突っ込んだ記憶が・・・。

 

ザックリとですが、こんな人間です。
職歴を見て頂ければわかりやすいかと思いますが。
これまで働いてきた業界は、
パソコンに触れることのない肉体労働がメインです。

 

こんなネットビジネスと無縁そうな私ですが。
莫大な借金を背負いこんだ時期に転職した大手通信業にて
『アフィリエイト』を教えてくれた方がいまして。

ネットビジネスの世界を知り、
現在は借金も完済し気楽な毎日を送っています。

 

栗山という人間が
一体どんな人生を歩んできたのか?
ザックリですが下記のような流れになります。

 

→高卒後、親元にて給料ほぼ全額手渡しの生活をスタート。

→不自由な生活、職場のいじめなどに耐えきれず、一人暮らしのニート生活へ

→オッサンに独立(クリーニングの営業)を勧められて借金地獄へ突入

→通信業にてオフィスワーク開始(アフィリエイター達と出会う)

→成功しない生活を続ける中で、親が涙

→心を入れ替えて黙々とアフィリエイト

→借金300万円を完済。

 

このような流れが私の人生となります。
現在は同じように借金やお金の悩みを抱えた方々へ
アフィリエイトにおけるビジネスノウハウを提供し、
教え子たちを稼がせている状況です。

 

社会人が多く集まるサイトをターゲットに記事を書いているつもりなのですが。
意外に学生の方から『稼いでみたい』という意見があり。
教え子の年齢層は若年層もそこそこいる感じです。

私は学生の方からメッセージを頂くと、
『若いのにえらいな~。過去の自分とは大違いだ。』
みたいに比較してしまう事も多々ありまして。

 

現代の若年層は『お金』に対する意識が非常に高いのだなと
驚きも同時に感じていますね。
俺は自由な時間があったら女遊びしてたのに・・・。

 

とまぁ、こんな感じの人間でして。
私のダメさ加減は伝わりましたでしょうか?

一応、ネットビジネスを始めた経緯として
私は単純に借金で首が回らなくなって始めた人種でして。
金に対しての関心が最初から強かったわけではありません。

 

ちなみにブログを書く際は
(笑)だとか、wwwでしたり
(^^)ニコニコ みたいな
顔文字系の表現は一切使ってないんですよ。

そのおかげか、かなり堅苦しいサイトに感じたりするようですが・・・。
普段の私生活ではバリバリ使っています。

 

なぜ顔文字などを使わないか?
私自身がお馬鹿で間抜けな人間ですので。
あまりにフランクな表現や書き方を行うと、
読者層が離れてしまうかな~?
という考えがあって封印していますね。

 

この後、もっと私の事が知りたい!
だとか
どんな感じでアフィリエイターとして成功したの!?

と言った興味がお読みのあなたがおありでしたら
是非とも読み進めて頂ければと思いますし。

ちょっと長いので気になる項目を目次から探して
どれか適当に流し読みして頂いても構いません。
(読んでいただけるだけで私はとても嬉しいので)

 

ただ読む前に一つ。
アフィリエイト、ネットビジネスで成功する。
これは私にとって決して『楽ではなかった』世界でした。

ワンクリック、一日10分で稼げるビジネスにしか興味が無いYO!
とこのブログをお読みのあなたが考えているのでしたら、
退屈に感じる事でしょう。

 

それでは私がどのような人間か?
成功や自由を手にするまでに何があったのか?
お話しさせて頂ければと思います。

高校時代

「学生 フリー写真 男子」の画像検索結果

 

私は底辺高校を卒業しています。
現在は偏差値が変わって頭の良い子しか入れない状況らしいのですが、
当時は県内で一番おバカな子達が集まる高校として有名でした。

高校時代
私の目標が、

『未来を輝かしいものとするために勉強して良い会社に就職しよう!』
みたいな感じでしたが。

現実は理想通りに行かないもので。
教室の片隅で本を読んだり猛勉強していたらガリ勉野郎だと言われ。
同級生の格好の餌食となりましたね。

 

高校デビューを果たしたヤンキーにイジメられ、
溶け込むためにバカをやったり。

音楽をやってるヤツがいたので、
仲良くなるためにギターを始めたりしてました。

 

ギターにハマったらライブ参戦にハマってアルバイトに追われる日々。
授業は目が覚めたら大体5時限目です。ノートは真っ白かミミズ文字。

気がつけば高校生活最後の期末テスト。
高校を卒業できなくても俺には音楽がある!
とかアホなことを当時考えてテストに臨んでいたと思います。
結果『卒業生100人中最下位の学力』と言うブッチギリの伝説を残してしまいました。

 

バカの極み。
今、当時の私に会えるのならば
『よく卒業出来たな。先生に感謝しろ。』
と、声をかけたいですね…

 

当時の話を母はマジマジと話します。
入学時は100人中で13位。
アンタ、そこそこ頭良かったのにね。

卒業時は100人中で100位。
アンタ、力一杯遊んだね?

 

 

こんな感じの学生時代でした。
なので私は中学生くらいで学力はほとんど止まっています。

 

 

新卒、地獄の社会人生活

「工事 写真 フリー」の画像検索結果

 

新卒からは肉体労働の外仕事をメインに転々としました。
俗に言う土木業、ドカタ仕事です。
新卒で働いた場所はどこも長続きしませんでしたが、塗装の仕事はそこそこつづきました。

 

というのも、私や兄は稼いだ額を全て親に渡しており。
金銭管理は全て親まかせだったんですね。
ちなみに個人で使えたお金の話も軽く挟みますが。

衣類は全て親が買ってきていました。
23くらいの歳まで下着から上着まで。
全身のコーディネイトはオカンセレクション。

キョロちゃんがプリントされた服とか着てましたね。

おかげさまで流行りものには疎く
モテるとか無縁でしたし、
同年代と遊びの話はついて行けてなかったです。

 

私が給料から使えるお金はタバコと月々のケータイ代、
あとはネットゲームをやってたからパソコンの通信費くらいですかね・・・。

家に帰ってゲームをするかギターを弾く、
兄貴との馬鹿な会話くらいしか楽しみはありませんでしたよ。

 

このブログを見ているあなたも、
給料全額を親に渡しているのであれば共感が得られるかもしれませんね?

 

とはいえ給料は自分で使うのが普通ですから。
大半の方が、とんでもない生活送ってるな!
と感じることでしょう。

そんなこんなで、
未だにこの新卒後の話をすると周りからはビックリされます。

一度、ショッキングだったことがありまして。
会社の飲み会に参加するため2000円を貰おうとした時。
父と母の形相が変わって、その場に居づらいムードになった事があります。

空気がひりつきました。
ウチがお金でピリピリしていたのは、
超ド級の貧乏だった事と言うよりは

父と母の夢である
家を買う、企業する為の資産を貯める。
この2つが大きな要因となっておりました。

 

ちなみに勘違いを生まない為に説明しますが。
父も母も優しい人です。
お金が必要である事を話した時。
二人は私に感じ取られないよう、
いつも通りに振る舞おうとしていました。

それを見て辛くなりましたね。
そんな不自由な生活もあって。
全額給料を持ってかれる毎日に限界が来て兄貴が実家を出ました。
私はひたすら今の環境を変えるのが怖くて、兄の稼いで居た分の穴埋めをするように塗装業を続けて居ました。

これから先、

俺は一生お金に悩みながら生きなければならないのだろうか?

家を出た兄のように俺たちは不仲になっていくのだろうか?

俺達家族はいつ自由を手にするのだろうか?

目を覆いたくなる自分の未来がそこ(家庭)にはありました。

 

仕送り生活に耐えきれず

「悩む 人」の画像検索結果

 

塗装の仕事は今思い出しても中々ハードでした。
忙しい時期、朝6時に指定場所へ集合して、仕事が終わるのは翌0時なんて事も。
トータル18時間労働ですね。

1月ぶっ通しで無休も経験した事があります。

なぜこれ程までに休みがないのか?
と言うのも、私の働いた塗装の仕事は
雨の日も業務を行えるようにと様々な仕事を親方が取ってきていた事にあります。

団地の地下に潜って、宇宙生物学か!?
みたいな人生で見たことのない虫が大量発生している場合で鉄筋の腐食を補修したり。
ありゃマジで臭かった。

他には

他県の島に一か月滞在して、民宿の屋根を補修したり。
とにかく家に帰れない、
家にいる時間がない生活が私の20代前半でした。

 

後は過酷ないじめに会いましたね。
私が車に乗ると親方が、
私の体が臭うというのです。

『おめぇ臭ぇのなんとかならねえのか!?』

親方がマジギレして、同乗している親方の家族が苦笑する。
これが発せられたら私の朝の始まりですね。

『なんでこんな事も出来ねえんだ』

『そんな仕事でオマンマ食えると思ってんのか!』

休憩に入ると

『みんなジュース何飲む?
栗山おめぇは、聞かなくていいな?』

親方とその家族達は私をストレスのハケ口としていました。

 

私は当時ハタチそこそこのガキでしたし、
ヘラヘラ笑ってるタイプでしたので良いマトになっていましたね。

最終的に頭ぶっ叩かれ始めた辺りから、
働く気が薄れてきまして。
一度泣きながら親方に電話した事もあります。

『どうしたら良いでしょうか?
僕なりに一生懸命に働いています。
変えるべき所があれば、変えていきたいです。』

涙の効果だったのか?
はたまた私の本音を聞けたからか?
親方は1週間ほど優しくなりましたが、その後段々と対応がエスカレートして行き。
すぐにいつも通り陰険なイジメが再開しました。

 

帰りたくて、殺虫剤を目に注いだ事もあります。
毎日事故に合わないかな~、って気持ちでしたよ。
私には辞められなかった理由がありまして。

あの時は、両親が夢の企業を果たした時期でした。
ですが一向に軌道に乗ることはなく、
私が止まれば両親に後はない状況だったのです。

いつも考えていました。

『俺が働かなくなったら、二人は首吊ってたりするのかな?』

とかね。

そして、

『環境を変えたくない』

という私の変化を恐れる気持ちも嫌な職場を辞められない原因でもありました。

恐怖と責任感に溢れる毎日。
心身共に疲れ果てまして、
塗装業2年目を迎える前に限界が来て退職しました。

あれ以上働いていたら精神的に追い込まれて
自殺していたかもしれません。

 

一人暮らしと転落人生

 

私が塗装業をやめてから、
両親は裁判所に向かう毎日が続きました。

それは自己破産の手続きです。
なぜ自己破産へ発展したかはもうお分かりとは思いますが。
私が退職してしまい両親の事業の元手となる、お金を供給出来なくなった事が原因です。

そんな中私は、

両親が死ななかっただけマシだ。
俺は親元を離れて一人暮らしだし。
これまで頑張った分、精一杯遊んで楽しもう。

そんな気持ちで一杯でした。
その後はとにかく毎日を楽しみましたね。

 

SNSサイトで飲み会のサークルを作り、
夜は毎晩の如く飲みに繰り出し。

初めて出来た彼女へプレゼントを買う、
デートを楽しむ・・・。

これまでにない開放感と自由でしたが。
それと引き換えにお金はあっという間に底がつきました。
そして人生の転機ともなる、ある誘い。

 

『営業をやってみないか?』

とある知り合いのオジサンからの
独立が出来る仕事という名目で
オファーが舞い込んできたのですが。

その人は私の両親が経営していた客として
店に足を運んで頂いて貰った方でした。

 

今考えるとそのオジサンは明らかに裕福な暮らしはしてなかったし、
関わるべき人種じゃなかったのですが・・・。
私は人を疑う事を知りませんでしたしホイホイ誘いに乗りました。

彼は私の以前勤めていた塗装業とも繋がりがあって。
『あの親方は自分勝手だったから辛い思いをしたろう。
頑張ったな!今度は俺がお前に最高の仕事を紹介するから安心しな。』

といった具合に言葉巧みに誘ってきたこともあり。
車を用意し仕事道具を買い揃え、
クリーニングの営業職を私は開始しました。

 

仕事を紹介してくれたオジサンから営業のやり方を教わり
言われたとおりにルートを回るも中々成約せず。
成約して衣類を預かるも、今度はクリーニングの工場がずさんでして。
仕上がるのが異様なまでに遅く客から離れていく信頼。
怒涛のクレーム。

また客層も危ないのに引っ掛かりましたね。
クリーニングの契約はしてもいいが。
セミナーに来てくれないか?宗教に興味はないか?
片っ端から関わり、むしり取られ何をしているかわからない状況に陥りました。

 

そして仕事を教えてくれたオジサンはなんと・・・。
『金が無いから貸してくれ。』
なんて言い出す始末。

膨れ上がる借金。
最終的に車を維持できず営業は辞めました。
儲かる、独立出来る仕事じゃなかったのかよ。
当時の私は知りました。

社会的弱者とはイコール無知な人間であると。

ネットビジネスとの出会い

「天秤 フリー」の画像検索結果

 

クリーニングの営業職で200万円ほど借金を背負う事となったわけですが。
その後私は派遣会社を登録して回り、
大手の通信会社へ入社が決まりまして。
オフィスワークを行いながら返済する決意を固めました。

 

肉体労働しかしてこなかった私がパソコン入力したり事務処理をする事となったのは理由がありまして。
まず一人暮らしでは外仕事をしていては肉体的に持たないと考えた点。
オフィスワークならば精神的疲労があっても、掛け持ちで深夜にバイトする余力は生まれるからですね。

通信会社に勤めてからはとにかく働きまくりました。
本業→コンビニバイト→飲み屋ボーイ
朝昼晩、働く毎日。

身も心も疲れたてた頃。
大手通信会社に勤めていた同僚へ良い仕事が無いか?
相談したことが人生の転機となったのですが。

『バイトで稼ぐより、アフィリエイトを副業としたほうが見返りが大きいよ』
同僚は『下剋上』と言う商材を購入しネットビジネスを実践。
トレンドアフィリエイトというジャンルで当時は毎月5万円稼いでいる状況でした。
(最近連絡とったら月60万まで成果を上げているんだとか)

『嘘だろ!?在宅ワークで・・・5万も!?』
私は驚愕してしまいましたね。
そして同僚は言いました。

 

『騙されてもいいや程度の気持ちで買って
月に1万くらい稼げてね。
その翌月も1万、それからさらに2万に金額上がって。
作業していくとコツが分かってくるから誰でもできるよ
パソコンとwi-fiとか通信環境有れば他要らないしね。』

 

その話を聞いたとき、私は今一つ踏み出す勇気が持てませんでした。
私はその後、部署移動となり同僚とは離れ離れになりまして。
ネットビジネスという存在を忘れかけていたころ。

 

新たな部署で、またもネットで稼ぐ人と出会う事になりました。
(やはり通信系の業界にはネットビジネス実践者が多いですね)

その方は『情報商材アフィリエイト』というジャンルで稼いでおり
私の師となり共に稼ぐ道へ誘ってくれた人となりました。

流石に一度目は警戒したわけですが、
こうもネットで稼ぐ人が多いと俺もやってみよう!
という気になったわけですね。

ちなみに初めに誘ってくれた同僚が怪しかったわけじゃないです。
一人しか稼いでいる人を見たことが無かったので現実味が無かったので実践に至らなかったという感じでしょうか。
それにもう体も限界でした。

パソコンを買って教材を買い。いざ実践。
色々と準備すると成功した気分になりましたが。
買っただけではお金は手に入りません・・・。

私が『情報商材アフィリエイト』を実践し始めてからは
正直言って苦難の連続でした。

 

アフィリエイトの試練

「チャレンジ フリー素材」の画像検索結果

 

まず私の実践したビジネスジャンル
『情報商材アフィリエイト』は簡潔に述べるなら
ビジネス系ブログを書いて稼ぐ仕事です。

 

仮想通貨、FXなど投資の類。
ユーチューブ、ブログ、広告収入などのノウハウ記事。
またそれらに携わる商品レビュー。

 

これら情報を配信していく中で
『どの商品や情報がガセネタで、どれがホンモノか?』
個人の意見をまとめ記事として掲載していく。

 

またホンモノの商品は自分の推しとなるので、
そのまま販売することで紹介収入を得るという仕事な訳です。
おおよそ1記事を2時間程度で仕上げるのが平均スピードらしいのですが。
私は初めのうちは4~6時間くらいかけて記事を書いていました。

時間がかかった原因としては、
私の理解力が悪かったことや凝りに凝って
完成度の高い記事を掲載しようとしていたことにあります。

 

とにかく毎日、憑りつかれたように記事を書きましたね。
私は時間がかかる分、
他のブロガーより細かに検証していたことがウケまして記事の反応が良かったです。

サイトに人が来るとオモシロイ。
ブログランキングにも競り合う相手が少ないから順位はガンガン上がります。
2か月ほど投稿したころに初めて商材を販売し、
成約した時の喜びは今でも忘れられません。

当時はとにかく試行錯誤で。
トレンドアフィリを話してくれた以前の同僚や、
情報商材アフィリに誘ってくれた師達と
情報を交換し合っては一喜一憂していました。

 

しかし、良い事ばかりではありません。
私は借金を全額を返済するためにあらゆる時間と戦っていました。
例えば彼女とのデート。

あの日の事は今でも忘れられませんが。
彼女は誕生日で一つだけお願いがあると言っていました。
その日だけは『仕事』をしないで欲しい。と。

 

私が日ごろからネットビジネスへ時間を割いていた事も有り、
当時付き合っていた彼女を、ほとんど気に欠ける暇がありませんでした。
彼女は私が成果を上げていくのを傍ら見守っていてくれました。

 

そして彼女の誕生日の日。
些細な事から険悪なムードになりましてね。

 

気を紛らわしてしまいたい気持ちから
私はいつも通りに商品リサーチを始め出しました。
アクセス数に変動が無いか調べたり。
その日、彼女とのデートは無言が続き・・・。
彼女はとても悲しんでいました。

 

月収50万を達成したと喜んでいたころ。
彼女から別れを告げられました。
何とも言えない虚しさがありましたね。

 

ある自己啓発の本では、
『ビジネスが成功するまでは彼女を作らないほうが良い』
と書いてあるものを見かけたことがあります。

理由は目標達成まで
パートナーを気にかける時間が中々作れないからです。
上手くできる人からしたら賛否両論ありそうですが。

 

アフィリエイトを実践していくと、
ライバルサイトの作り込みが目に付いてくるんです。
それはさながらRPGゲームとかのラスボスがゴロゴロいるみたいな。

別に競い合う業界ではないのですが。
彼らを基準に自分も並ぼうとすると焦りが生れます。

 

そんな状況で私は彼女を作り、傷つける結果となってしまい。
パートナーへ失礼なことをしてしまった。
と私は今でも反省しています。

 

他にも友人・知人との付き合いは悪くなってしまいましたね。
わたしを理解してくれる親友だけが残りましたが。

職場の飲み会とか参加できなかったりしますし、
少しずつ自分の周りから人が減っていく事は
心のどこかで割り切らないと辛いものではあります。

 

他者アフィリエイターのブログ、
プロフィールなどを見ると良い事ばかり印象づいてしまいますが。
実際ネットビジネスは華があるように見える裏で、
絶対に避けて通れないような作業量や知識が必要になってきます。

 

即金性の高い騙して儲かる手法もあるのですが。
近年ASPは報酬を未払いにするなど目立っていますし。
結局人を困らせるビジネスは

 

『儲からない。』
か、
『ある程度止まり。』
といった印象が付きます。

作り上げるまでに時間がかかる、
価値あるサイト作りがネットビジネスで稼ぐには
最もリターンが見込めるわけです。

 

私の実践してきた『情報商材アフィリエイト』は、
いかにブログと向き合う時間が長かったか?
比例して収入になる。そんな世界です。

結局、女も欲しい、友達とも遊びたいし、自由な時間も確保したい。
そんな気持ちがあったらそれなりな結果しか生まない訳で。
『遊ぶのは成功してから。』
となるわけですね。

 

ですが精神的負荷はかかります。
私自身、ずっとブログを書き続ける中で書く手が止まったことはあります。
もういいかな。なんて諦めたことも有りました。

 

だって、本当に遊ぶ暇もないですし。
この作業を理解してくれる人もごく数名なわけですから。
豆腐の様なメンタルを持った私には過酷な世界でしかありませんでしたよ。

 

収入が安定してくると自ずと作業量も減る事や、
収益の自動化へ進めるステップも理解していました。
しかし、成果が出るまではわき道にそれてしまうものです。
ここで難なく成功する人は本当に凄い人だと尊敬します。

 

私の場合はある事がきっかけとなり
ネットビジネスを諦めることなく、
成功までどうにか持っていけたわけですが。

 

もう長らくアフィリエイトから離れて
記事を更新しなくなっていた日の事です。
わたしの母が夜中に電話してきまして。

 

『今の職場がつらい』
電話の中で母は初めて泣いていました。

 

私が塗装の仕事を辞めて、
それが原因で両親の店をつぶした時だって泣きませんでした。

自己破産した時だって、
生きていればなんとかなるもんよ。
なんて笑顔でふるまう人でした。

息子には涙を見せない、
弱いところを見せないようにするような、強い人だったんです。
そんな母が追い込まれて限界にきている。

 

私はその日からアフィリエイトに打ち込みました。
気がそれないよう、
多くのアフィリエイターへコンタクトを取り、
サイトの作りを見て貰う事で悪い部分を指摘してもらうようになりました。

 

当初の目標値として月収入が10万円に満たない時期は
様々な課題を出してもらって、
それを可能な限り早く処理してさらに次のテーマへと移る。
止まることのできない状況を作って稼ぎました。

10万円代に軌道が乗ってきてからは、
ブログサイトを新たに新設しこれまでに稼がせた教え子達の実績を基に
優良商材を細かくレビュー。

効率良く利益が上がりだしたころ、
気が付けばネット上で知り合ったアフリエイター達と連絡を取り合う日々を送っていました。
よくビジネスノウハウの記事を見ると関わる人の収益が自分の月収に反映するとありますが。

まさにその通りで、私が大勢を成した時。
優秀なアフィリエイター達とのつながりがあり。
これまでと違う環境・人間関係を築いていたことが功をなしていました。

 

収益が目標額の50万円台にまでに達し。
夢であった本業の収益を優に超え、いつでも退職できるようになった頃。

 

母へ退職をプレゼントしました。
『もう頑張らなくていいんだよ』
そんな風に電話して母が二度目の涙を流しました。

 

ようやく辛い涙から喜びの涙へと変える事が出来たなと、
これまでにない達成感がありました。

その後は私も借金をすべて返済し終え・・・。
母の涙無しに成功は無かったのかな?なんて
当時の事を思い出したりしています。

 

自由を手にするということ

「自由 フリー素材」の画像検索結果

最後までお読みいただきありがとうございます。

こんな感じで、

私はバカで肉体労働が長い人間でして。
世間知らずなおかげで人から騙されまくった人生も歩んでいます。
我ながら後にインターネットで稼ぐ人間とは思えない経歴を持っています。

 

ネットビジネスに携わる方々が居る環境には後に恵まれた訳ですが。
成功までは苦難の連続でした。

ビジネスマインドが備わっている方、
仕事のオンオフが切り替えられる人間であれば、
容易に超えられた内容かもしれませんね。

ですが私には険しい道のりでした。
失ったものは非常に多いです。
しかし、私は数多くの物と引き換えに
『自由』は手にする事が出来ました。

それが成功なのか、失敗なのか。
上手いやり方か、
下手なやり方であったのかは私には正直言って分かりません。

何故なら私は
『これをやる』と決めたら周りが見えなくなる人間だからです。
どうあがいても性格上、この結果に落ち着いたのだと思います。

 

社会で失敗し、上に立つ道は断たれ
新たに取り組んだアフィリエイトでも
彼女という存在をお金や知識と引き換えに失ったのだと。

プロフィールを書いて、
あらためて実感しています。

 

ですが新しい夢も、
夢に向かって走る道筋が備わったのも事実。
私はお金で会社をいつでも辞められる環境を得ました。

 

涙するまで働いていた母にも
『もう働かなくて良いんだよ』
と言ってあげられました。
少しは親孝行出来たのかな?

 

お金が原因で両親から離れた兄も
今は笑いながら集まって食卓を囲めるようになりましたし。

バラバラになった家族の修復が出来たのは
私なりに頑張ったなと自分を褒めてやりたいところです。
私はこれまでにない開放感と自由を実感しています。

 

現在はいつでも退職できる収入は十分確保しているのですが。
人脈を広げるために職場には残り続けている状況です。
アフィリエイトを教えて下さった師は当の昔に退職してますので、
職場にはもう私以外アフィリエイターはいなくなりましたが。

 

最近ではアメリカに長年滞在していたことのあると言う方が
職場に来ましてね。
海外旅行のアドバイスを頂いたり、友人を紹介していただきまして。

長年の夢だった海外旅行&洋楽ライブ巡りを楽しんだりしています。
高校時代に持っていた夢がかなうというのは不思議なもので、
止まっていた時間が進み始めたような気がしています。

 

私はまだ叶えていない夢が沢山あります。
これからまだまだ稼ぎたいですし。
青春をいまから楽しむ予定です。

教え子たちも年齢問わず少しずつですが増えてきており。
縛られた生活から抜け出せる喜びを分かち合っています。

 

このブログをお読みのあなたがもし、
今の生活に不満があるだとか。
現状を変えたい!と少しでも感じているのであれば
気軽にメッセージ頂ければ喜んで返答いたします。

数あるサイトの中から、
私の記事があなたの目に止まったことを感謝して。

 

栗山翔司(ショウジ)メールはこちら

栗山翔司(ショウジ) プロフィール” への2件のフィードバック

  1. おはようございます、時野稔と申します。
    たまたまこのサイトを見つけて経歴などを読ませていただき、メールしてみました。
    いろんなご苦労、経験など面白く(?)読ませていただきました。
    わたしは現在還暦も越え、退職もし、普通の生活は出来る経済状態ではありますが、何か新しいことをやってみたくなって
    アフィリエイトとはどんなものだろうかと興味を持っています。
    この後栗山様のHPをよく読ませていただき、アフィリエイトなるものに挑戦しようかなと思っています。
    よろしくお願いいたします。

    1. 時野 稔様
      コメントありがとうございます。
      栗山です。

      私のアフィリエイターとしての経験が面白く感じて貰えたのであれば嬉しい限りです。
      正直なところ『話したくない』ような暗い内容なので。
      デメリットを伏せるか悩みましたね。

      世に出回るアフィリエイター(ブロガー達)や
      ネットビジネスの実践者たちのプロフィールを参考に読み解くと。
      誰もが輝かしく生き生きした
      『成功までの軌道』が書かれています。

      昔は全然儲からなかったのにネットビジネス始めてから、
      あっという間に皿洗いバイトから月収数千万の獲得!!

      『イヤイヤ、そんな単純な世界じゃね~だろ』
      といった心境から半ば反骨精神でわたしの身に起こった
      ネガティブ要素について書かせていただきました。

      前置きが長くなりましたが。
      『新しいことを始めてみたい』
      という気持ちからアフィリエイトの実践を検討されるのは素晴らしいことだと感じます。

      アフィリエイトがどのようなものか?についてですが。
      私が実践しているビジネスジャンルは厳密にいうと
      【情報商材アフィリエイト】
      となっておりまして。

      世に出回っている『稼ぐ』をテーマとした商品。
      ツールだとか、ビジネス情報(PDF・動画)
      後は投資やセミナーの評判をブログとしてレビューしていく中で、
      本当に稼げる商品を読者に伝えて推奨商品を販売。
      そして収入を得ながら購入者と共に稼いでいく手法を実践しています。

      参考:【初心者必見】アフィリエイトとは何か? 意味と仕組み 始め方

      始めるタイミングで悩まれているのであれば
      こちらも参考にしてみて下さい

      参考:【初心者の悩み】ブログアフィリエイトいつ始めるべきか?

      延々と作業していては収益の自動化に繋がらないので。
      作業量が減って落ち着いてくる目安としてですが。
      購入者が成功した時点で、
      購入者の『実績』を掲載していく。

      そうすることで商品を買うべきか?
      迷っている他読者層の購入意欲を掻き立て
      成約の連鎖を生み出せれば成功なります。
      (後は定期的に購入者の実績掲載を行うだけで成り立ちます)

      売り込み方は様々でして。
      メルマガ配信で攻めたり、
      SNSを使って情報を拡散することも出来ますし。
      そういったものに頼らないというのであれば、
      引き続きブログを更新して稼ぐことも出来ます。
      サイトが成熟したら量産していくのもアリですね。

      また投資の類だとかも自然と知識が付いてくるので。
      他のビジネスジャンルへ応用が効く事こそが、
      アフィリエイトの最大の魅力だと私個人は感じます。

      ザックリとした内容をお伝えしましたが。
      本格的に稼いでみるのであれば、
      まずは『FC2』だとかの『無料ブログ』で
      1円もかけることなく商品を売ってみる。
      成約に繋がったらその資金でWordPressの様な『有料ブログ』
      を始めてみるのもいいですね。

      1円もかけずに無料ブログを学ばれるのでありましたら
      下記リンクを参考に
      序章~最終章まで軽く目を通していただけたらと思います。

      参考【序章】:ブログで食べていく!アフィリエイトで暮らす方法とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。