2018年5月31日

PCが繋がらない?読み込みが遅い?インターネット接続・回線トラブル

栗山です。

 

『PCがインターネットに接続出来ない。』

『通信が時折途切れる。』

『明らかに通信の速度が遅い。』

といった経験をされた方は多くいらっしゃるかと思います。

 

・プロバイダ、モデム提供会社
(OCN・KDDI・ソフトバンクなど)

・ルーター、中継器のメーカー
(バッファロー・NECなど)

・PC機器本体のメーカー

 

これら通信機器の会社にまず問い合わせてみる。
というのもアリなのですが・・・。
それはあくまで最終手段。

問い合わせ窓口は繋がりにくいし、
未然に何かしら自身の手で対処は出来ないのか?
と誰もが感じるはず。

そこでまずは一旦試しておきたい動作確認や、
インターネットを使うなら
最低限知っておきたい知識などについてお話しします。

 

まずはPC本体の再起動

 

PCの回線接続が出来ていたにもかかわらず、
突然つながらなくなる場合として。

 

一旦試しておきたいのが

・PCの再起動。

・モデムの再起動。

・ルーター(中継器)の再起動。

 

これら上記3点のチェックですね。

通信機器のメーカーや契約先に問い合わせても、
まず誘導されるのがコレと言って過言ではありません。

 

では電源を切る際の流れについてお話ししますが。
まずPCのOSによって作業が変わります。

 

Windows7やWindows Vistaに関しては
通常通り再起動をかけて頂いて問題ありません。

 

Windows 8やWindows 8.1
Windows10を使っている場合は

スタートパネルから電源を開き
【Shift】キーを押しながら
シャットダウンを行いましょう。

こうすることで電源を落としても裏で稼働するシステムを強制的にリセット出来ます。
(通信速度が遅い場合なども、定期的にShift+シャットダウンが有効に働く)

 

電源が入ったら、
通信が通常通り行われているか?
インターネット接続にて確認しましょう。

 

wi-fi電波を拾う場合は24Gと5Gの2つ接続先があり、
24G長距離電波(電子レンジなど電波影響を受けやすい)
5G短距離電波(発信する電波距離が短い代わりに電波障害を受けにくい)

 

環境に合った接続先を選びましょう。

これで効果が無い場合は次の行程に進みます。

 

モデムやルーターの再起動

 

モデム?ルーター?

機器の名称が分からない場合は、
違いからまず確認する必要がありますが。

 

縦置きもしくは横置きの箱型機械を探す必要があります。
サイズは弁当箱くらい。

※ランプを確認し『TELL』と書いてあったら、
おそらく電話の機器なので他の機械を探します。

 

ランプの点灯している裏を見て頂くと。

 

このように裏面に配線が確認できたでしょうか?
画像はJCOMのモデムであり、
他社の光契約の場合は
同軸ケーブル部分が光ファイバーのケーブルだったりします。
※モデムとwi-fiルーターの2機能を備えている場合。
LANケーブルが刺さっていない事も有る。

各ケーブルはゆるみがあるとweb接続不可の原因となりますので、
しっかりと根元まで差し込んでおくこと。

 

 

それでは電源のOFFのついて。

 

LANケーブル(凹凸のあるケーブル)

同軸ケーブル(金具の付いたケーブル)

電源コード(黒くて細い線だったりする)

これら3本が付いていれば、
縦置きならば最下部のケーブルが電源コードとなる。
(横置きならば末端の黒くて細いコード。)

 

電源コードを本体側から抜いて(電源プラグ側から抜かない)
10秒ほど放置。
そして再度本体へ電源を差し込み接続を行う。
これで大抵はweb接続が可能。

 

■行動の目的■
原理としては機器の熱を逃がす事が目的でもあり、
電波発信や設定をリセットする効果がある。
その為、PCなど接続を行う機器が
『接続先』として再度認知しやすくなる。

 

またルーターの様な中継器がある場合も、
再起動を行っておきたい。
(バッファローの機器など)

さきほど再起動させたモデム裏に
LANケーブル(凹凸のあるケーブル)がある場合、
手でたどっていった先に機器があれば
それがwi-fi電波を飛ばすルーターとなる。

 

こちらもおおむね縦置きが多く、
最下部の黒くて細い線が電源となる為
本体側から10秒ほど抜いて刺し直しを行う事。

 

同時にLANケーブルにゆるみが無いか?
抜けていたのではweb接続が物理的に不可能となる為
しっかりと確認しておくこと。

 

また『鉄』のような物体にもルーターの電波は影響が受けやすく。
接続を遮断するよう障害物で覆われた場所に機器を置かない事。
電子レンジの近くなども設置は避けた方が良い。
また電波はより高い位置から発信する方が繋がりやすい。
※高い位置に置く場合はモデムの同軸ケーブルや光ファイバーのケーブルは抜かない、部屋を移して置かない事。
別途、移設費用が発生しますので注意。

 

モデムとルーターの再起動でも、
インターネットに繋がらない場合。

いくつかの原因が挙げられるのでお話いたします。

 

各機械の再起動でもNET接続できない原因

 

原因の切り分けはザックリ2パターン。

パターン1:
インターネット接続を行う機器が、

購入したばかりの場合。
※修理に出して帰ってきた機械も含む。

wi-fiをweb接続先として認証や初期設定を行っておく必要がある。
(LANケーブルとPC本体を直結した有線接続の場合はパスワード入力不要でつながる)

 

コントロールパネルからインターネット接続先を確認。
もしくはデスクトップ右下の時間表示隣の扇状の電波マークからwi-fi接続先をクリック。

 

wi-fi電波を拾う場合は24Gと5Gの2つ接続先があり、
24G長距離電波(電子レンジなど電波影響を受けやすい)
5G短距離電波(発信する電波距離が短い代わりに電波障害を受けにくい)

環境に合った接続先を選ぶ事。

wi-fi接続であれば機械に貼られている、
パスワードを入力すれば接続が出来る。

パスワードは
『Key』『PASS Key』『暗号化キー』『WEP』
などの名称でwi-fiにシールで記載されています。

 

これでダメならお手上げなので、

・プロバイダ、モデム提供会社
(OCN・KDDI・ソフトバンクなど)

・ルーター、中継器のメーカー
(バッファロー・NECなど)

・PC機器本体のメーカー

連絡先へ相談しましょう。

 

パターン2:
インターネット接続を行う機器が、

これまでは繋がっていた場合。

 

通常であれば。
既に接続したことのある【wi-fi接続先】の電波と言うものは、
PCを起動させた際などは『自動的に繋がる』ものとしての認識で間違いない。

接続不可・通信が時折途切れる。
などの主な原因は5つ。

・① 地域やマンション全体で電波障害が起きている

・② 各ケーブルや設置機器、PC本体が劣化している

・③ 契約している回線速度に問題がある

・④PC本体のweb接続先設定ミス

・⑤ PCスペック不足・容量オーバー

 

①が原因である場合は、
電波を提供している【プロバイダ】へ問い合わせで、
訪問などにより直に対応してもらう必要があります。

 

また使っている機器が古くなっているか?診断も申し出ておきたいところ。
①と同時に②も確認し。
訪問対応となった際に機器の交換もしてもらえるのであれば助かります。
欲を言うならば訪問した際に現地による通信速度の実測も行っていただくよう
事前に願い出ておけばより快適にインターネットを使用できますね。

ちなみに故意的・ペットによる破損が原因だった場合や、
指定されていた位置から同軸ケーブルを抜いてモデム移動や移設を行った場合。
修理代金は自己負担となる。
機器移動(移設)は行わない&自然劣化しか無償にならない事を覚えておこう。

 

③適切な回線速度と言うものは
※ M(メガ)

1M(メール送受信)

40M(動画視聴・ブログ掲載・サイト閲覧)

200M以上(動画や音楽のインストール・オンラインゲーム)

 

ザックリいうと上記の速度で判断します。
細かく言うと契約しているプロバイダの『上り』『下り』の速度も
通信における影響を受けますが。
あまりにもマニアックなので考えなくていいです。

速度を重視するオンラインゲームや、
動画などをインストールしてUPするサイトを運用する場合は。
光回線の1ギガ契約しておけばまずまず問題ない。

くらいに考えておきましょう。

④⑤が原因となる場合。

これも訪問相談にてメーカー対応やプロバイダ契約先に相談が手っ取り早いです。

 

繋がらない原因が細かい設定や機器にあると判断できた場合。
これ以上は自己判断の付かない世界なので早めに電話相談が無難です。

 

プロバイダなど通信会社へ問い合わせる場合は、
あなたが利用している電波が安定しているか?
会社のシステムで調べてもらう事も恐らく可能ですので。

 

各機器を再起動して上手く行かず。
その後に自分で調べて接続方法を色々と試すよりは、
プロに判断してもらい診断結果を出してもらう事が無難でしょう。

 

という事で本日は

PCが繋がらない?読み込みが遅い?インターネット接続・回線トラブル

についてお話しさせていただきました。

 

最後までお読みいただき誠にありがとうございます。

私のブログでは主に
・アフィリエイト基礎知識
・ネットビジネスで稼ぐ最新情報
を配信しております。

 

 

【管理人 栗山】

プロフィール55

管理人の栗山 翔司(ショウジ)です。

クリーニングの委託業務(歩合制)に勤め
莫大な借金を背負いました。

運よく次に就職した先で
アフィリエイトを知る同僚がいたため、
オススメされた情報商材を購入。

ネットビジネスで借金返済を終えてからは
稼ぐをテーマとしたサイトを量産しております。

 

栗山翔司(ショウジ)プロフィールはこちら

お問い合わせはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。