2018年5月17日

1日2記事を投稿する方法

栗山です。

 

ブログアフィリエイトを実践する上で、
1日1記事が投稿の限界!
そもそも記事1つ仕上げるのに2~3時間くらいかかるんだから、
2つも3つも連続投稿出来る訳ない!!

 

なんて悩みを抱えている方々がいらっしゃるかと思います。
この記事をおよみのあなたはいかがでしょうか?

 

例えば仕事が終わって自宅へ帰り、
PCを立ち上げる頃には2~3時間しか作業が出来ない。
明日の仕事の準備もしないといけないし、
睡眠時間を削るなんてもってのほかと感じる事でしょう。

 

そこで今回は
『帰宅するまでの間に1記事を完成させる』
テクニックや記事ネタの確保についてお話しします。

 

通勤・休憩・帰宅時間に取り組む

私は普段、会社から帰宅し荷物を置き。
PCを持ち出してマックでコーヒーを飲みながら記事の更新をかけています。
自宅で作業するのは雨が降って外出できない時くらい。

 

なぜわざわざ外出するかと言いますと、
私は自宅でブログを書くと集中が途切れやすく。
家で作業が出来ないタイプの人間だからですね。

 

まぁそこで誰か見張っていてくれる人間が居れば別ですが。
最近では少しでも気を抜くとスマホに目が行ってしまい、
『チャー研』(チャージマン研)のアニメ動画をYouTubeで観てしまうという
全くもって無駄なタイムロスが生じます。

下手したら全話(1話5分x全65話=累計325分)ぶっ通しで見かねない。
5時間以上をどっぷりアニメに浸って一日が終わるなんて危険過ぎますからね。

 

そこで外出している間にあらかた記事を書いてしまえば、
最悪1記事を確保できるのではないか?
さらには帰宅後立て続けに2記事目に移れるのではないか?

という考えに最近至りまして。
会社で具体的な対策をスマホのメモに書き記すようになっていました。

主に休憩時間や帰宅の際ですね。
この時間は削れそうだとか、
この時間は作業できないだの、
1日の起床から就寝までの流れを紙に書いてみたり。

 

すると、対策を練っている休憩と帰宅の2時間が
そっくりそのまま暇な時間であると気づきましてね。
いままでスマホのソーシャルゲームをやってたような時間帯ですよ。

こりゃログインボーナス受け取ってる場合じゃねぇと、
ゲームアプリを一式削除。
空いた時間にスマホのメモへその日の下書きを書くようになりました。

これが思いのほか効きましてね!
家に帰ると下書きの張り付けと画像を拾ってくるだけで投稿できるので、
1記事をものの数分で投稿できることに気づきました。

 

流石に朝の通勤は心にも時間にも余裕がないので、
下書きを書く暇は無いのですが。
会社での休憩と帰宅の際は時間に余裕がある為、
ガンガン下書きを書くように。

 

遊ぶ時間や一息ついているような時間を削ってまで、
ブログを書く必要はないんじゃないか?
結局は努力が必要なワケ?
とお読みのあなたは感じるかもしれませんが。

 

コレ騙されたと思って一度やってほしいですが。
家にたどり着く頃には原稿がほとんど仕上がっていると、
時間を割いて作業した苦労が一瞬ではじけ飛びます。

帰宅時に悠々と過ごせるのはリターンが大きく、
何事にも代えられない幸せに包まれますしね。

 

そして、
たかが時間を確保出来るだけではありません。
まだまだ受けられる恩地がありますので、
細かくお話していきます。

 

ネタ切れしなくなる方法

休憩や帰宅時に下書き原稿のメモを書く大切さを伝えましたが。
そもそもネタが無ければ書く手は止まってしまう訳でして。

 

記事投稿するべき情報のリサーチに時間を割いても良いのですが。
最も効果的なのが『空いた時間に本を読んでおく』
ノウハウ本で知識をつけておくという取り組みですね。

 

本に書かれている内容はWEBの用語を引用していないので、
他サイトの発信される情報と記事内容が被りにくく。
(丸パクリはマズイですが。)

ミラーサイトとしてみなされることは避けられますし。
何より他者が取り扱っていない有益な情報かつ、
オリジナルティの高い投稿が可能になります。

 

またふとした時間にスマホ等のメモに下書きを作る際、
読者層の心を掴むフレーズやテーマが閃きやすくなります。

読者の心を掴むフレーズについてですが。
本を読んで自分が印象的だった言葉を、
ある程度真似ればいいだけの単純な話しでして。

書籍化されている本はそれなりに審査をかいくぐって
出版されていることも有りますし。

店頭に並んでいる商品やベストセラーものであれば、
間違いなくコピーライティングのスキルが上がります。
それは売れてる、注目されている本ですから当然でしょうか。
人の心をとらえるフレーズが身につくという事。

 

つまりただ盲目的に、
空いた時間に記事を書くイコール1日に沢山の投稿が可能になる。
には直結しておらず。

 

まずは本で知識を高めておけば、
ネタに困らない。結果から記事数を確保できる。
と言った要素を生み出すわけです。
コピーライティングが身につくオマケ付きで!

 

ビジネス本と言うものは会社の休憩室に有ったりしますし。
最初のうちは金かけず本屋で立ち読みするなどして、
気に入ったものが見つかったら買うといった感じで攻めていくと良いでしょう。
買うと元を取る為に隅々まで読んでしまいますしね。

 

クオリティは下げないほうが良い

お読みのあなたも是非一緒になって考えていただきたいのですが。
今回のテーマ
『1日2記事を投稿する方法』

これを考えた際に、
削れる部分をどんどん削っていくとなると
趣味時間や睡眠と言った要素が上がりますよね?

趣味はともかくとして睡眠は論外です。
本業に支障きたすでしょうから、マイナスでしかありません。

 

そうなってくると、
記事質を下げ『ペラ記事投稿』をして数稼ぐと言う方法も考えられませんか?
クオリティの低い記事ならかける時間少なくて済みますしね。

 

ですが、
ショボイ記事をいくつ量産しても
グーグルからの評価は上がりませんし。
読者層の心が掴めない&離れていく末路が見えてきますね。

 

最悪の場合は、
投稿した記事が誰にも見られていないという事は
ゴミ記事になってしまうわけでして。

そんな不必要なコンテンツは後々、削除の対象となりかねない訳ですね。
物凄く簡単に説明させていただきますが、
誰にも見られていない記事って消したらサイトの質が上がるんですよ。

数百記事くらい投稿しているブログとか、
運用から結構な期間が経っている(古い情報が蓄積している)サイトに限る話ですが。
長い目で見るとクオリティが高い記事を積み重ねなければ、
後で痛い目を見る羽目になるのでペラ記事書いてまで記事数稼がないほうが良いでしょうね。

 

ただし、毎日記事投稿されている状況を作り出しているのであれば話は別。
意味ある配信をするのであれば、多少のペラさでも効果的と言えるでしょう。
ガンガン書いて遠い日も予約投稿できれば理想ですね!

 

という事で本日は

1日2記事を投稿する方法

についてお話させていただきました。

 

最後までお読みいただき誠にありがとうございます。

私のブログでは主に
・アフィリエイト基礎知識
・ネットビジネスで稼ぐ最新情報
を配信しております。

 

 

【管理人 栗山】

プロフィール55

管理人の栗山 翔司(ショウジ)です。

クリーニングの委託業務(歩合制)に勤め
莫大な借金を背負いました。

運よく次に就職した先で
アフィリエイトを知る同僚がいたため、
オススメされた情報商材を購入。

ネットビジネスで借金返済を終えてからは
稼ぐをテーマとしたサイトを量産しております。

 

栗山翔司(ショウジ)プロフィールはこちら

お問い合わせはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。