2018年6月14日

【ブログランキング1位】投稿記事数3728『ペラ記事の量産』って儲かるの?

栗山です。

無料ブログなどのサイトに登録していると『ランキング』登録することで、訪問者数を競い合うシステムがありまして。

 

ジャンル別カテゴリの『ネットビジネス』を選ぶと必ずと言っていいほど上位に上がってくるのが
『お小遣い稼ぎ』副業・登録系のサイト達ですね。

 

ブログランキングNo1~3に上がるサイトを見てみると。
数百文字の更新で2000~3000記事書いてるサイトがズラリ。
超ペラッペラ、まさに量産型。

 

『お小遣い稼ぎ』系のサイトは話題に事欠かないであろうブログジャンルにはなるんですが。
その日の記事内容が300文字程度で何百~何千と更新される様を見ていくと。

『これってどうなのよ?』
『ネットビジネスで稼ぐなら注目浴びるペラサイトを目指すべきなのか?』
『お小遣いサイトの紹介をしたら儲かるの?』
みたいに感じてしまうわけですが。

 

今回はそんな『ペラ記事』サイトや『ポイントサイト』についてお話します。

 

ブログランキング1位は目指すべきなのか?

 

ネットビジネス系の話題で稼いでいく場合。
無料ブログなどを登録するとランキング上位の記事を参考にする機会はあると思います。
『お小遣いサイト』『情報商材』『副業情報』『ポイントサイト』
などなど。

 

自分の実践していくブログジャンルでより大きい成果を出すのであれば。
類似した記事を参考にしサイトを比較していくのは非常に優秀な取り組みと言えまして。
No1となっているサイトをお手本に記事を作っていくのがネットビジネスの初期構築としてはベストな行動であると感じます。

例えば『情報商材』で稼ぐのであれば。
ランキング上位の『情報商材』をテーマとしているサイトを参考に記事の話題を更新していくといった流れですね。

 

あなたの運用するサイトが『お小遣いサイト』であれば。
参考にするのは勿論『お小遣いサイト』になるわけですが。

 

では収入を上げていくためにランキング1位を目指していくべきなのか?
という疑問が沸いてくるのですが。
あくまでランキング1位を『お手本』として止めておき。
ネットビジネスで稼ぐゴールがランキングに入る事と関係性は持たない内容であると理解しておく必要があります。

 

そもそもが1~3位のように空いている席に限りがあるという状況で。
その中に食い込まなければならないのであれば。
1000人がブログで稼ごうとして997人が上位3位までに入れなくなるのは当然の流れでして。

ランキング入りできないからイコール儲からないというのはおかしな話。
集客面におけるちょっとしたテクニックや『目安』がランキングなだけであって。
1位になる為に我々は記事を書くわけではなく、儲けるために記事を書くのが目的となってきます。

 

参考サイトはあくまで『参考止まり』として見据えておき。
後々構築していくべき稼ぐ仕組みづくりは、成約を拡大していく方法を教えている人から教わる必要がある訳です。

 

ペラ記事量産から見た流動性

 

『お小遣いサイト』登録型の副業サイトの記事を見ていくと。

 

『ポイントサイト』の紹介であったり、換金や交換方法が主に書かれており。
『クイズに答えてポイントが手に入る』形式の紹介であれば。
そのクイズの答えを記事としてアップしていくシステムで日々の更新を行っています。

 

投稿例

↓↓↓

 

クイズ系のポイント還元サイトは副業紹介でたまに見かけますよね。
そういった類の記事をテーマとして投稿した場合は記事内本文の文字数は200~300文字くらいの中身になっています。
上記の画像例だと150文字くらいになるのですが。

 

SEO(集客)の観点から見ると、記事の中身が1500文字に満たない程度の投稿というのはGoogleにおいての評価が低く。
検索エンジン上で1ページ目に表示されにくいといったデメリットがあります。
最低でも1000文字は維持して記事投稿しなければ『中身のないサイト』として評価される仕組み。

 

またクイズ系には期限がありますので。
日数が経過していくと存在していても意味のない記事になってしまいます。
過去記事を見直したいといった層には需要があるかもしれませんが。
ごくごく一部の目にしか触れなくなります。

 

 

つまりはポイントサイト系でタイムリーな情報を流す場合。
記事質が薄いことや時期的なネタであればいずれ読まれなくなる。といった可能性を視野に入れる必要があります。
読まれない記事というのはweb上のゴミでしかないわけでして。
数千単位で総記事数を構築しているようなサイトでも、投稿して来た内容によっては将来的な流動性が見込めない弱点があります。

 

延々と記事を量産する必要のあるブログというのは正直言って苦痛でしかありません。
一生遊んで暮らせるもしくは働かなくてよくなる程度の金額が早期に稼げればいいのですが。
『お小遣い稼ぎ』系の登録誘導だと単価は低いですし、延々と似たような記事ネタを投稿していても収入の限界というものが付きまといます。

 

ほったらかしで稼ぐ事を視野に入れた運用を取り入れる

 

記事を投稿し続けなければ『ポイントサイト』では延々と稼いでいく事が難しく。
その特有のペラ記事からGoogleの低評価を食らいやすい面をお伝えしましたが。

 

ポイントサイトを紹介すること自体が悪いとか、稼ぐ上で非効率と言っているのではなく。
後々、『他のビジネスに絡めて大きく収入を上げる』事を視野に入れる事も出来る訳でして。
作業をこなして得た収入や実績を使ってより大きく稼ぐビジネスへシフトしていく事が重要であると感じます。

今後稼いでいく上で今以上に収入を伸ばしていく流れですが。

ポイントサイトで稼いできた流れを独自ノウハウとして拡散していき。
『稼げるネットビジネス』のテクニックとして紹介していく事も出来ます。

アフィリエイトの『稼ぐ』をテーマとした商材では
『下剋上』『権威』『シリウス』などが有名どころとして挙がりますが。
それら商品の販売と絡めて、これまで実践してきた『ポイントサイト』で稼ぐ技術を【特典】として付与すれば。
成約の単価が低いポイントサイト紹介を行う毎日から徐々に大きく利上げを出すビジネスにしていく事が出来る流れを組めるわけです。

『スキマ時間を有効活用して稼ぐテクニック』
『主婦でもバレずに出来る副業お金稼ぎ』
『第二第三と収入源を増やす方法』

などなど、特典化してしまえば興味を持つ読者は購入していくでしょうし。
そういった話題に食いつきそうな検討者を募るための記事ネタ作りも。
ポイントサイトを運用していれば掲載していく内容に困ることなく人を集める事も出来るでしょう。

 

確実に見込み客を募るのであれば、メルマガを設置して特典を紹介。
商材の購入意欲を掻き立てるなども面白いかもしれませんね。

 

同じ作業を延々と繰り返して行く。
No1を維持する。
ペラくても記事を量産する。

 

それで稼いでいけるなら誰しもそうします。
おそらくネットビジネスで稼いでいく話題はNo1にいかにして食い込むか?
といったテーマの記事であふれかえる事でしょう。

 

しかし、稼ぐことと順位に一貫性はありません。
一日に100人の訪問だろうが1万人集まろうが、収入としてリターンが見込めなければ。
穴の開いているザルに延々と水を注ぐ行為と同じ『無意味な活動』になるわけでして。

ランキングで何位になったとか一喜一憂するよりも。
成約率をいかにして上げるか?
作業量を減らしつつも稼ぐ方法はあるのか?
といった収益面での強化をより多く学んでいきましょう。

 

最後までお読みいただき誠にありがとうございます。

私のブログでは主に
・アフィリエイト基礎知識
・ネットビジネスで稼ぐ最新情報
を配信しております。

 

 

【管理人 栗山】

プロフィール55

管理人の栗山 翔司(ショウジ)です。

クリーニングの委託業務(歩合制)に勤め
莫大な借金を背負いました。

運よく次に就職した先で
アフィリエイトを知る同僚がいたため、
オススメされた情報商材を購入。

ネットビジネスで借金返済を終えてからは
稼ぐをテーマとしたサイトを量産しております。

 

栗山翔司(ショウジ)プロフィールはこちら

お問い合わせはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。