2018年4月12日

【初心者向け】仮想通貨(暗号通貨)とは?投資の仕組み

 

管理人の栗山 翔司(ショウジ)です。

ネットビジネスの商材や稼げる案件で
かなりの注目度を浴びている『仮想通貨』
別名で『暗号通貨』とも呼ばれていますね。

これは現金では無くて、例えるとネットゲームなどの通貨であったり
実体のないデーター上の通貨であったりします。

 

この『仮想通貨』が今熱いとされており。
当ブログ読者様からも関連記事に、
『ビットコインなどの仮想通貨は儲けることは出来るのか?』
と言ったコメントが多く寄せられております。

また『一切知識が無いのですが、挑戦してみたい』と言う意見も御座いました。
そこで今回は少しでも判断材料になればと、
実体なき通貨である『仮想通貨・暗号通貨』がどのようなものであるか?
初心者向けノウハウ記事を記します。

 

と言う事で本日は

【初心者向け】仮想通貨(暗号通貨)とは?投資の仕組み

を解説していきます。

【仮想通貨(暗号通貨)とは? 】

仮想通貨(暗号通貨)とは2

私たちが普段使っている『日本円』
そして国外で利用する『外貨』(米ドル等)
これらは法廷で定められた通貨である『法定通貨』と位置付けられています。

それに対して『仮想通貨』はどうなのかと言いますと。
仮想の文字通り、手に取って使う事の出来ない『実体なき通貨』
紙幣やコインは存在しません。

ここでチャージして利用する『電子マネー』を思い浮べた方もいらっしゃるかもしれませんね。
しかし『電子マネー』は一般的に現金へ戻すことは出来ません。

 

それに対して仮想通貨は『換金が可能』となりますので、
大きな相違点であると言えます。

仮想通貨はインターネット(ネットワーク)を通じて簡単にやり取りが出来るために、
非常に利便性が高く、現金還元できる点からビジネスとしての活用も可能。

よって非常に注目度が高い訳ですが、
データーとしての位置づけもあり『ハッキング』などのトラブルにより
消失してしまう可能性があると言う強烈なリスクも伴います。

 

話しは少し変わりますが、
私は高校の頃にネトゲにどハマリしまして。
完全スキル性オンラインゲームで最強装備や所持金をハッキングで失ったことが有ります。
最近では彼女も失いました。
しかし前向きに生きておりますご安心を。

話しを戻しますが、
そんなリスキーな『仮想通貨』ですが。
対策として『暗号化』(ブロックチェーン)を行う事で
最悪の事態、リスクを回避できます。

 


【暗号化『ブロックチェーン』】

仮想通貨(暗号通貨)とは3

暗号化は『ブロックチェーン』と呼ばれており、
考え出した方は『ナカモト サトシ』と呼ばれる方。
まるで伝説のポケモ〇トレーナーみたいなお名前ですね。

コレは中々面白い仕組みなのですが。
『ブロックチェーン』は仮想通貨の『分散管理』を行う技術。

仮想通貨の金額を1か所で管理するとハッキングの内容などから危険である。
と前文にて述べましたが。

 

このリスクを回避するために
通貨を分散管理すると言う技術ですね。
『分散型台帳』と言われたりします。

チェーンと呼ばれる由来ですが。

記録する情報のブロック(集合体)と
次のブロックの繋がりを意味する『ハッシュ値』を組み込み繋ぎ合わせる。
これで鎖のようなブロック(集合体)の連鎖が由来となっています。

『ガードが堅い!』
のブロックじゃない訳ですね~。
勉強になりましたでしょうか?

これのメリットは手堅さですが、
デメリットもありまして、
情報の繁栄に時間がかかると言う難点があります。
タイムラグが生じるという訳。

 


【『チャールズ・ホスキンソン』氏の動画によるセミナー解説】

仮想通貨(暗号通貨)とは4

 

文章だけではイマイチ理解が難しいと思われますので、
仮想通貨業界の有名人。
それもブッチギリの No1
仮想通貨を世に送り出した『チャールズ・ホスキンソン』氏の
セミナー動画を貼っておきます。

 

結構勉強になりますので(堅苦しい解説サイトより参考になる!)
是非苦手意識を持たずに観てみて下さい。

動画はこちらクリックで再生されます。

↓↓↓

仮想通貨で実現する事が非常に多く、
世界観でのやり取りする価値ある通貨(基軸通貨)を完成させるシステム。

世界中の人とお金の交換ができるなど、
まさにメリットの塊と言ったところなどを述べています。

 


【仮想通貨投資・取引の流れとは?】

仮想通貨(暗号通貨)とは5

これまで解説の流れから、

・仮想通貨がデーター上の通貨である事。

・また管理システムとして分散が可能。

・世界を通してお金の交換が出来る。

ザックリ大まかに3つの説明を行いましたが。

 

ここからは
『仮想通貨投資』と『取引の流れ』
に焦点を合わせてお話ししていきます。

 

仮想通貨の取り引きに必要な3ステップで解説すると。

STEP1:仮想通貨取引所の口座開設。

STEP2:取引所に日本円を入金する。

STEP3:仮想通貨を購入する。

簡潔に説明すると上記の流れとなります。
取り引きを行う場の名称が『取引所』と呼ばれており。

仮想通貨を買う場合にはこの『取引所』にて口座を開設する必要がある訳ですね。
口座開設 → アカウント開設を行う。
も同じ意味です。

 

あとは資金となる日本円を入金して仮想通貨を購入。
ビットコイントレーダーの仲間入りを果たす訳です。

FXだとか株取り引きの口座開設の経験がある方は、
流れがほとんど同じである為に行き詰ることは少ないでしょうね。

ちなみに取引所の口座開設に必要なものは

・ケータイの番号

・メールアドレス

・顔写真付きの身分証明書
(こちら提出の必要があり、web上でも提出可能)

・銀行口座登録

・その他個人情報(氏名住所を記載する必要アリ)

 

これらは『口座開設』において最低限必要なものとなってきます。
まずはメルアドにて登録し、サイトログインから流を確認して頂ければとも思います。

提出後はあなたのご自宅に登録完了通知ハガキが送付されますので、
これを受け取ることが『口座開設』官僚の合図となる訳ですね。

肝心な『取引所に日本円を入金する』流れに差し掛かりますが。
仮想通貨取り引きは海外と国外の2パターン存在します。

 

取り引きを選ぶポイントは人によってさまざま。

有名なビットコインを選ぶだけではなく、
イーサリアム、リップルといった『アルトコイン』なども選ぶことが可能。

有名な『ホリエモン』が注目する通貨を選んだり、
相場の動きをみて値上がり予測を個人で立てるのも良いでしょう。

ちなみに日本でビットコイン決済可能なお店は多く、
(日本の店舗で言うとビックカメラなど)
海外旅行者の決済方法としても活用できます。

ここまでは良い事ばかり書いていますが、
念押しで手数料に関しても最後に述べておきましょう。

 


【送受信にかかる手数料(高騰中)】

仮想通貨(暗号通貨)とは6

 

簡易に説明させて頂きますが。
ビットコインが近年取引数が増加してきたこともあり、
送信と受信に発生する時間が長くなっている点が問題視されています。

 

仮想通貨を保有して取引に時間がかかるのは手痛いですね。
これは“スケーラビリティ問題”と言われており解決されず、
手数料が高騰するという
強烈なリスクが発生している事となる。

取り引き手数料が発生するにもかかわらず、
注目度が高いとされる理由としてですが。

日本でも仮想通貨であるビットコイン決済が可能な店舗が増え得てきている点以外にも、
FXなど株取り引きを行う日本人が仮想通貨取り引きに参入する可能性が考えられています。
というか続々参入し始めているでしょうね。

 

海外取引にも無限の可能性があり、
海外取引所ではビットコイン以外の仮想通貨取引時、
ほとんどと言っていいほど、ビットコインによる購入取引が必要となります。

価値が伸びまくると述べている訳ではありません。
暴落の可能性もあります。

ですので
今後は仮想通貨の種類別に解説記事を掲載していきます。
お楽しみに!

 


【まとめ】

・仮想通貨はデータ上で取引される通貨。
(手に取って使える紙幣やコインではありません)

・『電子マネー』のようなチャージして利用する返金のきかないものとは違う。
(換金が可能なもの)

・取引には口座開設が必要。

 

仮想通貨の基礎的な内容を今回はお伝えさせて頂きました。
ちなみに私はこの前、
雨の影響から電車の運行が遅れ、デートに遅刻。
結果手数料を支払う羽目になりました。

 

時間が経つごとに手数料が高騰する点は、
現在の仮想通貨事情と類似していると感じますね。

女事情で出費がかさむ辺りは”スケベ問題”と言えるでしょう。
“スケーラビリティ問題”とは一切関係ありません。

今度街コンに行きます。

ということで今回は

【初心者向け】仮想通貨(暗号通貨)とは?投資の仕組み

をご紹介させていただきました。

最後までお読みいただき誠にありがとうございます。

私のブログでは主に
・アフィリエイト基礎知識
・ネットビジネスで稼ぐ最新情報
を配信しております。

 

 

【管理人 栗山】

プロフィール55

管理人の栗山 翔司(ショウジ)です。

クリーニングの委託業務(歩合制)に勤め
莫大な借金を背負いました。

運よく次に就職した先で
アフィリエイトを知る同僚がいたため、
オススメされた情報商材を購入。

ネットビジネスで借金返済を終えてからは
稼ぐをテーマとしたサイトを量産しております。

 

栗山翔司(ショウジ)プロフィールはこちら

お問い合わせはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。