2018年4月16日

ノウハウコレクター3つの心理と脱出用法

 

管理人の栗山 翔司(ショウジ)です。

あなたには経験があるだろうか?
勉強すると決起して本や資料を購入。
そして手つかずで1ヵ月2ヵ月存在を忘れていくという笑うに笑えない話。

私は以前、【証券外務2種】という資格の勉強を行い
ことごとく10ページ目で投げ出したのは良い思い出です。

 

ネットビジネス・アフィリエイトでもよく目にする
『ノウハウコレクター』なる言葉。

スキルアップするための自己投資のうち、
その分野の特化する教材を購入することは、
自分を磨く近道になります。
が・・・。

気が付いたら『購入した』という行動に満足し、
まるで手を付けずにほったらかしにした。

と言う話はよく聞きますね。
コレがまさに『ノウハウコレクター』
であるとネットビジネス界では呼ばれています。

 

こう言った稼げない『悪循環』というのは
早めに抜け出さなければ、
どんどん稼げない思考に陥っていきます。

つまりノウハウコレクターは、
非常にネガティブイメージのある状態と言う事です。

 

ということで本日は

ノウハウコレクター3つの心理と脱出用法

をお話ししていきます。

【ノウハウコレクターとは?】

ノウハウコレクター1

 

ネットビジネスにおける
『ノウハウコレクター』と言われている方々は

稼ぐ為の教材・資料を購入。
そしてまた新たに販売されている教材を次から次へと購入する人
ですね。

まさに読んで字のごとくノウハウをコレクションする人を指しています。

この工程の中にノウハウの『実践』は含まれていません。
なぜなら彼らは集めるだけのコレクターだからですね。

 


【ノウハウコレクターの心理】

ノウハウコレクター3

ノウハウコレクターの心理についてになりますが。
まず彼らは

・コレクターになりたくて、自分の意志でなっている。

・なる気は無かったのに、気がいつたらそうなっていた。

 

大雑把ですが2種類に分類し説明させて頂きます。

まず

『購入しただけで満足している真のノウハウコレクター』

これに関しては、
購入すると言う目標を達成しておりますので。
不満が無ければ購入動機は個人の自由。
なので私はとやかく言うつもりはありません。

心理状態は様々でしょう。

 

金額に見合った商品であるか?の確認であったり。
最新のビジネス手法や販売者別のノウハウを比較検証するなど。

知識オタクな気質であったり。
買う事でその知識に特化した気分を味わうなどが考えられます。

そして次に

『気が付いたらノウハウコレクターになっていた人』

色々とノウハウをかじっては回り、次を買い。
『これも私が求めるものとは違う。』
という具合に様々なビジネス手法を試す方々がいますね。

気が付けば購入したビジネス教材は山のように積み重なる。
まさに悪循環に落ちたノウハウコレクターの鏡です。

心理状態としては


・実践したけど儲からなかった

・自分に合わない手法だった

・理解が出来なかった

というような行き詰まりが想定出来ますね。

そもそも
『買って満足!実践にうつる気力がわかない。』
と言う方もいらっしゃるかもしれません。

そうなってくると
『購入しただけで満足している真のノウハウコレクター』
にグレードアップします。
(グレードダウン・・・なのか?)

 


【ノウハウコレクターを脱却するには?】

ノウハウコレクター4

先ほど述べた内容になりますが、

・実践したけど儲からなかった

・自分に合わない手法だった

・理解が出来なかった

この3点に焦点を当ててお話しますと。

 

まず【実践したけど儲からなかった】と言う理由。

これは本人が『実践した』と言っている訳であって、
本当に教材のプログラムに沿って実践できているかは定かではありません。

お読みのあなたは、
『言われたとおりにやったけど成功しなかった!』
と言う言葉を耳にしたことは無いでしょうか?

 

その言葉はうのみに出来ない部分があって、
指示通りに工程を進めると言うのおは結構大変な事。
自分で理解したつもりになって、重要な要所要所を見逃している可能性があります。

ネットビジネスで稼ぐ情報教材には、
見逃す事の出来ない重要点が数多く組み込まれていることが有ります。
まず稼げていないと声を大に叫ぶ前に。
『内容通りに実践しているか?』
今一度、教材の見直しから取り掛かるべきであると言えるでしょう。

 

次に【自分に合わない手法だった】場合。

アフィリエイト・サイト構築で稼ぐビジネスには
この手の話しが多いですね。
毎回面倒な更新をかけなければならない
イコール面倒だから自分には合わない。

確かに一理ありますが。
だからと言って投げ出して次の教材を買っていくのも正直勿体ないところ。

稼ぐ手法を確認して自分に合っていない。
と思う前にせめて1~2ヵ月は実践して頂きたいですね。
せっかく購入したんだから。
(本音を言えば半年程度は実践して頂きたい所。)

そうすれば実践頻度にもよりますが、
『自分には合っていなかった』
と声を大にして発言しても、
具体的にどこが合っていなかったのか?
本題となるポイントをしっかり伝えていける。

 

最期に
【理解が出来なかった】
というノウハウコレクターの方へ。

どの教材に手を付けてもイマイチ理解できない。
結果から分かり易い商品を買う。
そしてまた壁に当たる。

これは実践している教材が稼げない情報である可能性がありますね。
購入前にしっかりと口コミを確認して頂きたい所。

 

以前無料でアフィリエイトを学べる教材を、
どこかしらサイトでダウンロードしたと言う読者様がいらっしゃいました。

その方が私の教材を購入した際に○○さんの教材よりタメになった!
と大変お喜び頂いたことが有ります。
その人にとって的確な知識を提供できるノウハウを提供できたわけですね。

 

非常に嬉しくありましたが。
ここでもう一つ意見を挟むならば、
以前教材で理解できなかった点を自分で可能な限り調べて解決に進む。
この工程を次の商材を売入前に行っておくべきとも感じましたね。

なにより購入者様は特に調べていない様子でもありましたので。
確かにその方が『理解が出来なかった』
原因の一つは過去の教材にもあります。

 

しかし分からない事が出てきた際に、
調べなかったという本人にも原因があると言えるでしょう。

今後理解できない内容が出てきたとき
『次に進めなくなる。』という可能性を回避するためにも、
から分からない事や理解できないこと
それらを常に自分で調べる事を怠らないようにしましょう。

 


【まとめ】

・ノウハウコレクターは教材を買って実践しない人を指す。

・儲からない、自分に合っていないと言う前にまずは長期的に実践することが大事。

・つまずいたら次の教材を買う前に、分からないこと出来ないことを調べる事。

 

話しは若干ズレますが。
情報商材の返金相談には様々なビジネスに手を出し、
複数件一気にお悩み相談が舞い込むことが有ります。

似たような詐欺まがいな案件に引っかかっている方ですね。
ノウハウコレクターとは若干違いますが、
同じような商材を買っては儲かっていない状況は似ています。

 

『稼げていない』という状況に陥る。
もしくはその前に、
商材の価値や内容を調べて理解することから始めましょう。
そうすることで儲からない悪循環から脱出できます。

ということで今回は

ノウハウコレクター3つの心理と脱出用法

をご紹介させていただきました。

最後までお読みいただき誠にありがとうございます。

私のブログでは主に
・アフィリエイト基礎知識
・ネットビジネスで稼ぐ最新情報
を配信しております。

 

 

【管理人 栗山】

プロフィール55

管理人の栗山 翔司(ショウジ)です。

クリーニングの委託業務(歩合制)に勤め
莫大な借金を背負いました。

運よく次に就職した先で
アフィリエイトを知る同僚がいたため、
オススメされた情報商材を購入。

ネットビジネスで借金返済を終えてからは
稼ぐをテーマとしたサイトを量産しております。

 

栗山翔司(ショウジ)プロフィールはこちら

お問い合わせはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。