2018年7月21日

アフィリエイトブログで顔出し実名の公開ってどうなの?情報発信のリスクについて

栗山です。

ブログを書いて稼いでいく中で。
『実名』だとか『顔出し』に踏み切るべきか?
考えた事のあるブロガーさん達は多くいらっしゃるかと思います。

 

今の時代では『キャラクタービジネス』とでもいいますか。
有名なユーチューバーだとかは顔出しで商品レビューされている方々は多くいらっしゃいますし。

 

ブログ投稿するならば。
信頼を得るためにも『顔出し』もしくは。
それに至らずとも『実名』程度は公開しても良いんじゃないだろうか?
といった内容ですね。

 

今回は記事の中で私自身がブログ投稿を行っていく中で体感したことや。
その他、Web上で見かけた実名&管理人の顔出し公開のメリットやデメリットをお伝えしていきます。

 

ブログ投稿に顔出し&実名ってどうなの!?

 

管理人のプロフィールを嘘偽りなく公開する。
そんなブログ構築を行うべきか?
読者のあなたはこの記事を読みながら悩まれている段階でしょうか。

 

メリットだとかデメリットに触れる前に軽く説明させていただきますと。
情報商材アフィリエイトの手法では実際のところ。
実名でさらには顔出しで活動しているアフィリエイターさんはあまりいらっしゃいません。
それらしく日本に居そうな名前と画像を公開している人がほとんど。
かくいう私もプロフ画像は本人ですが後ろ姿ですし、名前に至っては架空のキャラ名ですしね。

 

私も教え子さん達には本来の姿は見せないようにプロフィール発信を行っていくようにと伝えており。

 

写真で自身を公開するにしても
『パソコンに向かう後ろ姿』
だとか。

『ビジネスシーンに有ったキャラorシルエット』
みたいなイラストを公開するようにと教えております。

 

これは何故か?というお話ですが。
ビジネスブログで稼いでいく際に私が1円も稼げていなかった完全にド素人だった頃。
手にして学んだ初めてのブログアフィリエイト教材では。
プロフィールは『ビジネスブログ』に合ったイメージ画像を使用する事!
というように書かれてありまして。

 

それなりに真面目なキャラではありませんが。
ビジネス系の記事投稿に合った写真もしくはイラストを使うように。
といったような内容であったから、その通りに実践を継続しております。

 

それは間違いなくリスク回避を行っていく為でもありますし。
これから細かくお話していくメリット面とデメリットの面を天秤にかけ。
『顔出し・実名はキケンだ!』という答えから成り立っているワケ。
これからデメリットについて具体的にお話していきます。

 

実名・顔出しの公開におけるデメリット

 

かれこれ私は長くネットビジネス系ブログを配信し続けている段階ですが。
これまでの経験から『実名や顔写真は公開しなくてよかったな。』
といった様に私は感じていますね。

 

『実名ブログ メリット デメッリト』
といったキーワードで検索すると。
実名をさらしてブログを公開していたことで。

 

自分の名前を『知人』が検索する。
それにより、
ブログ投稿を行っている事や様々な商品販売などをweb上で活動していることが。
『友人』や『家族』に知れ渡った。

 

それにより人間関係が悪化した。
という話はよく目にします。
ビジネス系のブログって『カネにまつわる宗教』みたいなもんですしね。

 

セミナーとか、これ儲かる。
商品購入者には特典プレゼント!
さぁネットビジネスの世界へおいで!
みたいな内容なので。

 

フツーの人からしたら、そんな友達や知り合いは避けたくなるもの。
というか避けるのが至極当然です。
だってネットビジネスって99%が、ガセ情報の塊と言われてますから。
実践しても儲からないのが関の山というのは現実なので。
1%の真実やホンモノを提供できる人間でも信用はまずされません。

 

つまりは成功しようが、成功しない段階だろうが。
『怪しい人』と認知され続けるのが現在のブログで儲ける人種というもの。

 

最悪の場合、実名などの情報が元で会社にバレた。
なんて悲惨な方もいらっしゃいます。

 

コレ何でか?って話ですけど。
大手企業は絶対ですが。
フェイスブックだとかSNS・ブログサイトなど。
検索エンジンで引っかかってくる情報というものは。
社員の動きを観察している企業って今の時代では非常に多いんですよ。

 

会社の悪口言ってないか?とか機密情報を漏らしてないか?
と言った情報の確認を行う専門業者にweb上を常に巡回させていたり。
私の知る限りでは会社住所を漏らした社員の首が飛んだのを見たことがありまして。

 

今の時代ではそういった動きがある『実例』を踏まえ。
実名検索で巡回しているか?までは特定できませんが。
自分の名前を使って情報を配信していて。
さらにはネットビジネスやってます。
なんてブログが引っかかったら、クビは必然。
それらしい情報はひた隠しに配信していくのがブログアフィリエイトの基本となるわけです。

 

実名を伏せるべきとして学び実践してきた私からすると。
実名公開ブログで痛い目を見たという方を目にしたら。
わざとやってるの?
ハイリスクハイリターン狙いですか?
なんて感じてしまうのですが。
(実名をさらす意図を詳しく知りたい)

 

いずれの内容も『大騒ぎ』だの『トラブル』が必ず発生しています。
大事にならないと『デメリット』とは言いませんしね。
このような記事をいくつか目にして来たわけですが。

 

修正もかなり大変。
記事の末尾だとかサイドバーに、ちょいちょいプロフ掲載しているくらいならまだ救いがあるというか。
探し出して情報修正をかけられますが。

本文内で情報配信していた場合なんて。
固有キーワードを全記事から検索かけて修正修正、また修正ですよ。
100、200記事と数を積み重ねていたらもう地獄。

 

ちなみにですが。
ネットビジネスで稼いでいく基本って何だろう?
と考えたり検索した際に大抵のサイトでは、
『実名を伏せて会社・家族にバレず新たな資産を構築するビジネス』
このように紹介している場所がほとんどでしょう。

 

事実、自分から名乗ったりそれらしい画像を使わなければ足が付くことはありません。
周りから気付かれずにweb上で活動し。
気が付いたら〇〇さん退職したね。
他に仕事見つかったのかな?

 

みたいな流れで今の仕事から離れるのがある種のゴール。
情報商材アフィリエイトではユーチューバーのごとく有名になって退職に進む仕事ではありません。

 

日に多くても数百程度のアクセスで月に30~50万程度を稼げたあたりからが。
退職して独立に進むターニングポイントですが。
その中で知名度を上げて世間一般に知れ渡らせる必要性だとか話題に上がる人間になる必要はありませんからね。

 

実名・顔出しのメリットについて。

 

キッパリ言って無いですね。
こと情報商材アフィリエイト手法で稼ぐ。
もしくは他アフィリエイトのジャンルで稼ぐにしても大差ありませんが。

 

やる意味はほとんどないでしょう。
厳密にいうと『やる意味』は『経験にはなる』のですが。
『稼ぐ』だとかのポイントには、ほとんど影響しないので。
結果から、やる意味はない。という事になります。

 

そのように言い切ってしまうのも。
我々、一般庶民には対して知名度がないからですね。
私たちが『ブログ始めました読みに来てね』なんて書いても。
芸能人と違ってアクセス集まらない結果は考えずとも分かるはず。

 

ブログを書いたりサイトを構築する人間が『TV』などで取り上げられるだとか。
名前で検索すると、常に様々な話題が上がる人間であるならば話はまた変わってきまして。

 

自分の名前をブランド化した状態で情報配信が行える。
つまりは『キャラクタービジネス』として、ブログ運用が可能になるメリットがあります。
コレが見込める段階になって、初めてブログって実名で出すべきか?
悩んでいい状況に突入するものであると感じます。

 

とは言ってもまぁ、世間から怪しまれているネットビジネスを始めましたなんて。
自分の積み上げてきた名声をドブに投げ込むような行為にも見えてしまいます。

なぜなら、実践し始めれば白い目で見てくる人は多く出てくるでしょうし。
それなりに有名なら別のビジネスで売り上げを立たせることが出来ると思いますから。
『賢い行為』にはあまり見えないのが私としての意見かな・・・。

 

だからこそ有名な人はネットビジネスに介入してこないのかなとも感じます。
つまりは名を伏せて活動する一般庶民が儲けられる場として活用するのが。
現代シーンにおける『ネットビジネス』になるわけですね。

 

余談にはなりますが、ネットビジネス界で成功をした人たち。
1千万1億と稼いできた人間は。
カネには困ってないからと、続いて知名度を上げる活動と言いますか。
個人情報を公開し始める方々がいらっしゃいますね。

 

自身が有名になりたいと感じるのであれば。
とりあえず億くらい用意してから『自分』という人間と名前を配信してみてはいかがだろうか。
数千万稼ぎましたくらいだと、ザラにいるのでインパクトに欠けるかも。

 

※私の師は日に100万稼いだりしていますが。
動画で顔出しするアフィリエイターはさらに上を稼いでいるので。

 

という事で本日は

アフィリエイトブログで顔出し実名の公開ってどうなの?情報発信のリスクについて

についてお話させていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。