2018年4月8日

楽して記事を書く【ブログの文字数を増やす3つの方法】アフィリエイト

 

管理人の栗山 翔司(ショウジ)です。

記事掲載を行う際に検索エンジン上で上位表示を狙う際。
1500文字以上の文字数を日々継続して投稿していくことがGoogleの高い評価につながるという話をよく目にしますね。

 

稼ぐ為の知識を配信する『アフィリエイト・ノウハウ系』ブログや、
『集客対策ブログ(SEO対策のサイト)』
これら各ブログサイトにくまなく目を通すことで集客システムは学べますが。
一向に記事の文字数を稼ぐネタとか裏ワザは掲載している方々が少ないんですよね。

それにより文字数を稼ぐことに難儀するワケですが。

 

そこで今回は稼げるサイト作りの一環として

楽して記事を書く【ブログの文字数を増やす3つの方法】アフィリエイト

をお話していきます。

【毎回投稿する記事のテンプレートを作成する 】

 

まずは投稿する記事のテンプレ(定型文)を作製することで
『作業効率化』と『文字数の拡張』を狙う事がポイント!

始まりの挨拶から始まり → 目次 → 記事まとめ。

そしてあなたが運営するサイトのカテゴリ紹介やプロフィール、
問い合わせ先のリンク等を毎回投稿する記事のテンプレートとして作成しておくのです。

こうすることで文字数を難なく稼げる上に、

 

・『他の記事も読んでみたい』

・『運営者はどんな人なのか?』

・『ブログ運営者とコンタクトを取る方法はあるのか?』

 

と言った訪問者の疑問や希望を一挙解決まで出来てしまう訳ですね。
ある程度記事数やカテゴリが増えてきた辺りで、
『サイトマップ』『よくある質問』のリンクを記事の終わりに作るのも悪くないでしょう。

当ブログで利用しているテンプレ(定型文)をお見せしましょう。
※このテンプレは情報商材ジャンル無料オファー紹介時のものです。(Word活用しています)

書き始め
こちら

↓↓↓

文字数を稼ぐ1

 

終わりの挨拶
こちら

↓↓↓

文字数を稼ぐ2

文字数を稼ぐ3

毎回投稿する記事の挨拶から~カテゴリ紹介と言った内容までテンプレを作っておくと非常に便利です。
いちから全部書いていたのでは、
骨が折れるうえに毎日継続して記事投稿するなんて気が狂ってしまいますからね。

あなたの投稿するジャンル別にいくつかテンプレを作製し、賢く文字数を稼ぎましょう。


【記事タイトルや目次を活用。SEO対策しながら文字数を稼ぐ】

 


・どんな記事内容を読者へ提供するのか?

・どのような内容であったのか?

 

記事本文の始めと終わりに【記事タイトル】を挿入することで、
読み手に親切で分かりやすい内容に仕上げつつ文字数を稼ぐ方法ですね。

本文の始めと終わり部分に、
あなたの投稿する【記事タイトル】を挿入するのです。

 

私のブログを例にすると

こちら

↓↓↓

文字数を稼ぐ4

赤丸枠部分の2か所。始めと終わりにタイトルを入れています。
こうすることで『何についての記事であったか?』読み手は分かり易くなりますね。

そして続いては【目次】の作成です。

こちら

↓↓↓

文字数を稼ぐ5

冒頭でテーマを述べた後から差し込みます。

目次はSEO対策を意識するのであれば。
『良く検索されているキーワード』で構築すれば、
より投稿した記事が検索エンジン上位表示されることが見込めるでしょう。

 

例として『ブログ 文字数』にて検索。

こちら

↓↓↓

文字数を稼ぐ6

【Yahoo!】や、【Google】などで関連キーワードは若干ながら変わってきますが。
これら内容を【目次】に差し込むことで検索されやすくなる事と、
文字数を稼ぐ事の2つのポイントを抑えることが出来ます。


【テンプレを文字数カウントで数えると、どのくらい稼げる?】

 

ここまでの流れとして記事タイトルや目次、テンプレの活用についてお話しましたが。
結局それらを活用して何文字くらいになるのか?
という部分が重要になってきますね。

そこで【文字数カウンター】を活用してどの程度文字数を稼げたのか確認しましょう。

文字数カウンターはこちらクリック→ 文字数カウント(HTMLタグ部分を別カウント可能)

 

私のテンプレの場合はおよそ。

こちら
↓↓↓

文字数を稼ぐ7

更にタグ文字を除いた純粋な文字数=875

これだけ稼ぐ事が出来ています。
1500文字以上を目標に投稿するなら残り半数程度書けばいい訳ですね。

結構薄っぺらく作っているのですが、かなりの文字数稼げていました。
ちなみにこのカウントされた数値は
【目次】や【タイトル】を除外したものなので、
挿入することでまだまだ文字数向上が見込めます。

 

あなたも是非テンプレを作製したら文字数を確認してみましょう!
カテゴリ(記事)数を増やして終わりに
オススメ記事として誘導リンクを盛りこめば、更に日々のブログ掲載が楽になりますね。


【掲載する本文が浮かばない場合】

 

文字数を稼ぐ8

テンプレや目次の導入といった小手先技には頼らない方法を知りたい!
というあなたの為に、私からの本文を増やすアドバイスを。

 

まず記事を書く際に手が止まる傾向にある人は、『何を書いたらいいのか分からない。』
と言った悩みを持つ人が多いですね。

記事とする題目、商品、ニュースなど。
何を書くか決まっても手が止まって膨大な時間を浪費するのでは勿体ない。

 

そこで記事を書く手を止めない為に、
【読者側の目線に立って記事を構成する事】を心掛けてください。
顧客の満足度も得られますし、そうすることで質の高い記事を自然に作ることが出来ます。

方法としましては、

・【Yahoo!】

・【Google】

などで関連キーワードの検索を行う事。

 

記事を投稿する際は『良く検索されているワード』を事前にピックアップ。
そしてして調べ上げた情報をまずは掲載。
概要などを書くと良いでしょう。

そしてそれを見た『あなたの感想』をまずは書いてみる。
『○○という検索を行ったところ○○という結果が出てきました。これは本当なのでしょうか?』

という風に読者に問いかけても良いですね。
真相をコメントとして伝えてくれる親切な読者様もいらっしゃいますし。
そこから新たな議題に発展も見込めます。

 

真面目に凝り固まって
『真実を調べ上げ誤った掲載はせず、個人の意見を極力挟まず記事を作らなければならない。』
という妙な使命感に駆られては書けるものも書けなくなります。

この辺りは真面目な人ほどブログが書けなくなると言う所以でしょうかね?

もし誤掲載を行ったならば、おとなしく修正すればOK。
後先考えず思い切って書いてみましょう。

身近な事柄に置き換えて本文を構成するのも良いでしょうし。
読者が知りたいのは、調べてたどり着いたあなたの情報と配信者の意見です。
ブログの書き方に『必ずこうしなければならない』などという答えなどありませんから。

 

また文章を書くときは見直しながら描くのは避けた方が良いですね。
書き方に『好き好み』や『やり方』は各個人様々ですが。
一貫して言えることは本文をさかのぼり訂正しながら書くよりも、
ザーッと書いてしまってプレビューなどで見て訂正する方が時間短縮になって効率が良いです。

長々見直しを繰り返して書いた記事と
ノンストップで書き上げた記事の質なんて、
案外変わらない事が多いですから。

最終的に王道的な話にはなりましたが、
思い切って書くこと以上に文字数を稼げる手段は無いでしょうね。

ブログを書いて情報を配信するなんて大それたイメージが付きますが、
誰にでも出来る簡単な事ですので深く考えず書いてみることをお勧めします。
そうすることで集まる読者、共感者は必ずいますので。


【まとめ】

 

・毎回投稿する記事のテンプレートを作成すれば数百字程度の文字数は確保できる。
(1500文字からテンプレの文字数を差し引き=残った文字数を本文で埋める。)

・記事タイトルを本文の出だしと終わりに挿入。目次を活用してSEO対策も強化。

・本文が浮かばない場合は『関連キーワード』を検索し、掲載。感想を書いてみる。

 

今回ノウハウを活用すれば『ブログを書く際に時間がかかってしまう。』
というあなたも、いくつか打開策が生まれたのではないでしょうか?

 

ブログ本文の掲載時は特に調べず個人意見で最期まで推し通るのもアリですし、
調べた内容をピックアップ、それに対しての感想を書いくのもアリでしょう。

ということで今回は

楽して記事を書く【ブログの文字数を増やす3つの方法】アフィリエイト

ご紹介させていただきました。

最後までお読みいただき誠にありがとうございます。

私のブログでは主に
・アフィリエイト基礎知識
・ネットビジネスで稼ぐ最新情報
を配信しております。

 

 

【管理人 栗山】

プロフィール55

管理人の栗山 翔司(ショウジ)です。

クリーニングの委託業務(歩合制)に勤め
莫大な借金を背負いました。

運よく次に就職した先で
アフィリエイトを知る同僚がいたため、
オススメされた情報商材を購入。

ネットビジネスで借金返済を終えてからは
稼ぐをテーマとしたサイトを量産しております。

 

栗山翔司(ショウジ)プロフィールはこちら

お問い合わせはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。